一度は行きたい! 世界の中心 ニューヨークの旅♪

急に暖かくなったり、また寒くなったり、気温の変化が激しい今日この頃ですが、
は確実に近づいてきているようですね。

さて今回は、WAS・旅ブログとしては初めてのアメリカ本土上陸!
今も昔も多くの人を魅了してやまない大都会・ニューヨークをご紹介します♪

観光スポットだけでなく、食や文化やライフスタイルまで、多様な魅力をもつこの街は、
行った人それぞれが違った楽しみを見つけることができそうな刺激に満ちています。

行ったことのある方もない方も、その魅力の一端に触れてみてください♪
それではどうぞ!


*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *
一度は行ってみたい、世界の中心ニューヨーク♪ということで、
航空券とホテルのみ予約をして、1週間ほど行ってきました。
*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

◆飛行機
今回利用したのは関空発ノースウェスト航空
ノースウェストのハブ空港・デトロイト経由です。
デトロイトはターミナルが横に長いため、空港内をシャトルが走っています。

c0110871_23344470.jpg

合計16時間程のフライトでニューヨーク・ラガーディア空港へ。

ご存じかもしれませんが、ニューヨークには3つ空港があり、
そのうちラガーディア空港はマンハッタン島まで約13キロという近さです。
ただアメリカ国内線のみ乗り入れなので、国際色を味わいたい方は
ジョン・F・ケネディ空港のほうをオススメします。
また落ち着いた雰囲気が良いという方は、ニューアーク空港が良いようです。

出入国審査は年々厳しくなっているようで、
今回は両親指の指紋と、顔写真撮影がありました。
今年1月よりESTA(エスタ)という電子渡航認証も必要になっています。

◆交通
移動は地下鉄を利用しました。
ニューヨークの地下鉄は暗くて怖いというイメージでしたが、
路線図を見て一度乗り慣れてしまえば、とても便利です。
1区間どこまでいっても2ドル、メトロカードにチャージ、または1日券を買って使用します。
急行と各駅停車があるので、乗る際は要確認です。

大きな地下鉄駅構内では、合唱していたり、ダンス、手品と、
さまざまな芸人(?)がいましたが、皆うまくて惚れぼれします。

いろんな駅があるのですが、地下鉄とメトロノース鉄道の接続駅、
グランドセントラルはとても素敵な造りの駅でした。
コンコースの天井はとても高く開放的、水色の壁に天文図が描かれています。
駅、というより、れっきとした建築物です。

c0110871_2335267.jpg

その他の交通手段としては、イエローキャブ、路線バスなど。
マンハッタンはほぼ碁盤の目になっているので、天気が良ければ地図を片手に
歩くこともできます。

◆食事
朝はベーグル&コーヒー
街角にたくさん店があります。
出勤前のサラリーマン達がベーグルとコーヒーをテイクアウトしていきます。
スタバでも、日本では考えられないくらいたくさんの人が、並んでいました。

ベーグルは焼き方やトッピング等をその場で注文します。
店員も客も皆忙しそうで、メニューが決まった人からどんどん注文。
自分の番を待っていても店員はなかなか気づいてくれません。
まさに自己主張の国です。

c0110871_23355358.jpg

お昼、夜の食事は、デリまたはレストランへ。
デリは街角のいたるところで見かけます。
おいしそうなところや、雰囲気が良いところ、有名なところ、色々あります。

また世界各国の料理を食べに、チャイナタウンリトルイタリーに行けば、
本場さながらの料理を味わうこともできます♪
お店の人も中国人、イタリア人だったりするので、ここはどこ?!な状況になったりもします。

ニューヨーカーの食事情としては、さらにヘルシー志向が高くなっているようで、
ドーナツ等お菓子屋の休業が相次いでいるようでした。

◆観光
・国連本部
 国際連合本部、です。
 アメリカにありながら、アメリカの統治下でなく自治権を持つそうです。

 大会議場も観光してきました。
 初めて知ったのですが、200カ国ほどある国の席順は、アルファベット順なんだそうです。
 日本(JAPAN)の近くはジャマイカ(JAMAICA)だったり、
 アメリカはUNITED STATESのため、後方の席です。

c0110871_2336212.jpg


・セントラルパーク
 とても広く、が生い茂っています。
 野生のリスも居て、ジョギングする人も居て、のどかな雰囲気です。

c0110871_23364372.jpg

 園内にあるメトロポリタン美術館、一緒に旅行に行った友達は
 メトロポリタン美術館の歌を口ずさんでいました。
 世界三大美術館のひとつだけあって、展示品がたくさん。
 1日では見て回れない広さですが、中でもエジプト美術は墳墓や神殿展示があり、
 見ごたえがありました。

c0110871_233773.jpg

 見るのに疲れたら、屋上へ。
 大都会のオアシスを感じることができます。

c0110871_23372667.jpg


・グランドゼロ
 同時テロ跡地。ビルで埋め尽くされている光景ばかりを見ていたからか、
 ぽっかりと穴の空いたような、さみしい空間です。
 ここで酷い惨事がおきたのかと思うと、とても怖くなります。
 二度と同じようなことが起こらないといいですね。

c0110871_23374028.jpg


・自由の女神像
 スタテン島行きフェリーが無料♪でおすすめです。
 自由の女神像はリバティ島に立っているのですが、フェリーからでも充分見ることができます。
 アメリカに来たんだなぁと実感します。
 余談ですが、現在女神はアキレス腱を補修中とのことでした。

c0110871_2338817.jpg

 スタテン島からマンハッタン島まで、帰りもフェリーです。
 近づくマンハッタン島は高層ビルがひしめき合っています。
 ここに世界経済の中心があったり、多様な文化を生み出しているのを考えると、
 本当にパワフルな街なんだと再認識します。

c0110871_23383425.jpg


・エンパイアステートビル
 日中に見ればカッコよく、夜に見ればライトアップがきれい、という、
 ニューヨークを象徴する素敵なビルです。

c0110871_23385044.jpg

 地上381メートル、104階建のうち、86階まで上ることができました。
 夜にのぼったので、夜景がキラキラしていました。

c0110871_2339971.jpg


◆ミュージカル
やっぱり本場のブロードウェイ
タイムズスクエア付近にはたくさんのシアターがあります。
ミュージカルの広告が混在していて、とてもにぎやかな雰囲気です。

c0110871_23392769.jpg

チケットですが、人気ミュージカルは、日本から事前にチケット購入されることを
おすすめします。
ライオンキングやウィキッドはなかなか取りにくいようです。

c0110871_2339441.jpg

席に空きがあり当日券が出る場合は、なんと正規料金の半額にまで安くなるものもあります。
タイムズスクエアのtkts(チケッツ)で、当日券が出ているかチェック。
15時より販売開始ですが、結構並ぶので14時前に行くほうがベターです。

c0110871_23403329.jpg

実際ミュージカルをいくつか見たのですが、歌、演技、ストーリー、舞台装置、
どれも感動するものばかりでした。
最後に観客が立ち上がってブラボー!と拍手喝采するところでは、
一緒に混じって外国人気分を味わいます。
なかなか日本では照れくさくてできないですが(笑)

 *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

c0110871_23404973.jpg


c0110871_23405960.jpg


今回の旅行は、一度は行ってみたい~とミーハーな気持ちで
ニューヨークに行ったのですが、すっかり虜になってしましました(笑)
さすが世界の中心というだけあって、とても刺激的パワフルな街です。
住み続けられるかどうかは別として、もう少し滞在してみたかったです。

人種のるつぼということもあり、多種多様な国籍の人がいるのは当たり前
という雰囲気にも驚きました。
同時に、自己主張できなければ生きていけない!とも思いました。

たくさんのニューヨーカーがいて、たくさんのトラベラーがいて、
とても活気のあるニューヨーク、ぜひまた行きたいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


       *         *         *         *         *


ニューヨークの新たな魅力は、発見できましたでしょうか?

ちなみに、スタテン島フェリーは、マンハッタンからスタテン島への市民の足でもありますが、
自由の女神や、マンハッタンの摩天楼を海から眺めようという観光客の利用も多いですね。

スタテン島へ上陸せずにそのまま戻ることもできますが、
一旦フェリーを降りて乗船ゲートにまわり、再度乗船する必要がありますのでご注意を。
[PR]

by W_A_S | 2009-02-19 23:44 | 海外旅行  

<< アメリカ南東部の旅(1) セン... イングランドプレミアリーグ観戦... >>