アメリカ南東部の旅(番外編) ニューヨーク

暑い日が続いたかと思うと急に涼しくなったり、気候の変動がめまぐるしい今日この頃ですが、
新型インフルエンザの広がりも懸念される中、体調管理には気をつけたいところですね。

さて、今回の旅行記は、アメリカ南東部の旅の番外編、
日本への帰路の前に1日だけ立ち寄ったニューヨークの模様です。

アメリカやカナダを旅行し、せっかくここまで来たなら、と
ニューヨークにも立ち寄りたいと思われる方は多いと思いますが、
たとえ1日だけでも目的を絞れば有意義に過ごすことが可能です。

1つの場所をじっくり見るか、いろいろな場所を広く浅く見るか、
人それぞれだと思いますが、今回はずいぶん動き回ったようですね。

分刻みでのご紹介となっています(笑)。

   *     *     *     *     *     *     *

チャールストンの空港を夕刻に出発したデルタ航空6410便は、
離陸後ほどなくして夜の闇と静寂に包まれました。
しかし、2時間ほどの飛行を経て高度を落とし始めたとき、
窓の外に目をやると、きらきらと美しく輝くネオンが。。

時刻はほぼ定刻の午後8時、ニューヨークに到着です。

今回、ニューヨークでの滞在時間は、25時間。
翌日の夜9時には日本への経由地となるアトランタへ向け出発の予定です。

ニューヨークでは、ブロードウェイの観劇やスポーツ観戦なども楽しみのひとつですが、
今回は時間を要するイベントは避け、いくつかの定番観光スポットをまわることにしました。

到着から出発まで、時系列にご紹介してみたいと思います。


===> PM 20:00 [ ニューヨーク滞在:0時間00分 ]

ラガーディア空港(LaGuardia Airport)到着。
さっそく空港の外に出て、イエローキャブの列に並びます。

前日まで大荒れの天候だったニューヨーク。
幸いすでに天気は安定していましたが、突き刺すような寒さがこたえます。
(※注:旅行時期は今年の1月末。。)

空港から30分ほどの乗車を経て、タイムズスクエアから1ブロック、
2006年オープンのブティックホテル、ホテルメラ(Hotel Mela)に到着。

※ラガーディア空港は、ニューヨークの空港の中でもマンハッタンにもっとも近く、
 渋滞に巻き込まれなければ、タクシーで所要30~40分、料金も30~40ドルほどです。
 (◆マンハッタンでも場所により料金、所要時間は異なりますが。。)


===> PM 21:00 [ ニューヨーク滞在:1時間00分 ]

ホテルチェックイン。
c0110871_17323094.jpg

こちらのホテルは、どちらかというと若い方向けですが、立地もよく、
お部屋の内装や水まわりも清潔感があり、スタッフの対応もまずまず。

ワイヤレスのインターネットアクセスが全室に行き届いていますので、
観光はもちろん、ビジネスでのご利用にもオススメです。

ちなみに料金は、ニューヨークでこの立地にしてはリーズナブルかと思われます。

※5~9月 2名1室料金 ¥19,800- ~ ¥28,000-


===> PM 21:30 [ ニューヨーク滞在:1時間30分 ]

さっそく夜のタイムズスクエアへ。
さすがに多くの観光客で賑わっています。

その後、タイムズスクエア(Times Square)駅より、
翌日の予行演習も兼ねて、ニューヨーク市民の足、地下鉄の乗車にトライ。
c0110871_17344073.jpg

切符の買い方、改札の通り方を確認し、構内へ。
ターミナル駅ということもあり、構内は意外に広く、複雑。

ただ、路線と方面(※)さえ認識し、案内板にしたがって進めば
初めてでもホームへたどり着くのはそれほど難しくありません。
c0110871_17402167.jpg

※方面は、各路線において、アップタウン(Uptown)行きか
 ダウンタウン(Downtown)行きのいずれか。
 概ねアップタウンは、セントラルパーク(Central Park)方面、
 ダウンタウンは、ロウアーマンハッタン(Lower Manhattan)方面。
 地図で見て、上がUP、下がDOWNなので、わかりやすいです。

さて、地下鉄2・3号線でフルトンストリート(Fulton Street)駅へ。
ちなみに、ニューヨークの地下鉄は、すべての駅には停まらない
快速電車が多いので、その点は注意が必要です。


===> PM 22:30 [ ニューヨーク滞在:2時間30分 ]

フルトンストリート駅から徒歩約10分、イーストリバー(East River)にかかる
ブルックリンブリッジ(Brooklyn Bridge)の全景がよく見えるショッピングモール、
ピア17(Pier 17)に到着です。

しかし、お店の閉まったこの時間では人影はほとんどなく、、、
橋を写真におさめて、来た道をそそくさと戻ります。。
c0110871_1743769.jpg


(( 翌日 ))
===> AM 11:00 [ ニューヨーク滞在:15時間00分 ]

身支度やスケジュールを立てるのに手間取り、
限られた滞在にもかかわらず遅いスタートです。。

一旦ホテルをチェックアウトし、まずは、タイムズスクエアにて、
夜とはまた違った雰囲気を楽しみました。

2/19配信の当メルマガでご紹介したニューヨーク旅行記に出ていたtkts(チケッツ)の上は
赤い階段になっている待ち合わせスポット。
c0110871_1745135.jpg

階段を上がれば、タイムズスクエアが一望できます。
c0110871_1746114.jpg


===> AM 11:45 [ ニューヨーク滞在:15時間45分 ]

徒歩、ロックフェラーセンター(Rockefeller Center)へ。
c0110871_17474315.jpg

冬のニューヨークはどこへ行ってもアイススケートリンクがありますが、
ニューヨークでスケートリンクといえば、万国旗に囲まれたココですよね。


===> AM 12:00 [ ニューヨーク滞在:16時間00分 ]

ここまで来たからには、展望デッキ(Observation Deck)から
ニューヨークの摩天楼を見たい、ということで、スケートリンク横のチケットブースで
チケットを購入し、展望デッキ「TOP OF THE ROCK」へ。
c0110871_17494945.jpg

あいにくの曇り空ですが、南にはニューヨークのビル群がそびえ、
東にはイーストリバー、北には雪化粧したセントラルパーク、
そして、西にはハドソンリバー(Hudson River)が望めました。

マンハッタンが島であることが実感できます。


===> PM 13:00 [ ニューヨーク滞在:17時間00分 ]

再び徒歩で、セントラルパークへ。
雪が残る園内は寒々しいですが、ここから眺める高層ビルも格別。
c0110871_17512120.jpg

雪の上を走るリスも心を和ませてくれます。
冬でもここはニューヨーカーたちのオアシスなんですね。


===> PM 13:30 [ ニューヨーク滞在:17時間30分 ]

セントラルパークの南西角より、59番街-コロンバスサークル
(59 Street - Columbus Circle)駅より地下鉄1号線で、
一気にマンハッタンの最南端、サウスフェリー(South Ferry)へ。
c0110871_175322100.jpg


===> PM 14:00 [ ニューヨーク滞在:18時間00分 ]

サウスフェリー駅を出るとそこはスタテン島フェリー乗り場。
c0110871_18469.jpg

スタテン島フェリーは、スタテン島への市民の足ですが、途中、自由の女神が立つ
リバティ島の付近を通り、しかも無料ということもあり、多くの観光客が乗船しています。
c0110871_17552584.jpg


今回はスタテン島へは渡らずに、そのままUターンして戻ります。
(※スタテン島で一度船を降りて、再度乗船する必要があります。)

※自由の女神、および、海から見たマンハッタンの写真は、
2/19のブログでご紹介していますので、今回は省略します。


===> PM 15:15 [ ニューヨーク滞在:19時間15分 ]

サウスフェリーから徒歩で昨夜訪れたピア17へ。
c0110871_1851850.jpg

ここでは、昼のブルックリンブリッジを眺め、
お土産にオバマ大統領グッズなどを物色しました。


===> PM 15:45 [ ニューヨーク滞在:19時間45分 ]

ピア17から徒歩、ウォール街へ。
c0110871_1872024.jpg

ウォール街は、想像していたよりもずっと細い通り。

普段見る大きな星条旗ではなく、星条旗のイルミネーションがかわいらしい
ニューヨーク証券取引所(New York Stock Exchange)を見学。
c0110871_186264.jpg


===> PM 16:30 [ ニューヨーク滞在:20時間30分 ]

予定していた観光スポットを大方まわり、
ショッピングのため、地下鉄A・C線で14番街(14 Street)駅へ。

駅を出ると、ちょっと古めな街並みが、なかなかいい感じです。
c0110871_188422.jpg

この界隈は、食肉加工業者が集中していたという
ミートパッキング地区(Meat Packing District)と呼ばれる地域で、
近年は、最新のレストラン、バー、ブティックなどが軒を連ねています。

ここではハイライン(High Line)と呼ばれる、廃線となった鉄道の高架を緑化し、
空中庭園として整備しようというプロジェクトが進行しているのですが、
あいにくまだ未完成だったようで、今のところ、何の変哲もない高架です。。
(しかも周りはちょっと寂しい地域・・・。)
c0110871_1891826.jpg


この近くにあるチェルシーマーケット(Chelsea Market)は、倉庫のような建物の
内部に雑貨屋さんやカフェなどがひしめく雰囲気のいいショッピングスポット。
c0110871_1810132.jpg

中でも魔女のロゴが目印のファット・ウィッチ・ベーカリー(Fat Witch Bakery)の
ブラウニーは、お土産の定番です。


===> PM 18:00 [ ニューヨーク滞在:22時間00分 ]

地下鉄C・E線で、スプリングストリート(Spring Street)駅へ。
さらに滞在ぎりぎりまで、ショッピングと街歩きを楽しみます。

ソーホー(Soho)のはずれに位置するこのエリアでは、
2軒のチョコレートショップをご紹介します。

1軒目、マリーベル・チョコレート(MarieBelle Chocolate)は、
お土産にピッタリなお洒落なパッケージのチョコレートがズラリ。
特に1粒1粒に違う絵柄がプリントされたボンボンショコラは、
ギフトにしても喜ばれそうな1品です。
c0110871_18144698.jpg

そして、もう1軒は、キーズ・チョコレート(Kee's Chocolates)。
こちらは、アジアンなフレーバーのトリュフやマカロンが豊富です。
c0110871_18152655.jpg


===> PM 19:00 [ ニューヨーク滞在:23時間00分 ]

とっぷり日も暮れたマンハッタンを後にし、ラガーディア空港へ。

タクシーでは、空港名「ラガーディア」と航空会社名「デルタ」を
ドライバーに伝えれば、正しいターミナルまで送り届けてもらえます。

ただし、デルタ航空の場合、通常のターミナルとは別に
マリン・エア・ターミナル(Marine Air Terminal)というシャトル便用の
ターミナルがありますので、間違えてそちらへ行かないように要注意。


===> PM 21:00 [ ニューヨーク滞在:25時間00分 ]

なかなか濃い時間を過ごしたニューヨークのネオンを眼下に、
名残惜しい気持ちで、デルタ航空1799便にて、アトランタへ。



今回は、1日だけの滞在でしたが、徒歩や地下鉄でいろいろなエリアへ行くことができ、
ニューヨークの様々な面を見たおかげで、もっともっとニューヨークを楽しみたいという
気持ちが強まってしまいました。

次は、もう少し(2~3日くらい・・?)時間を取って、
再びニューヨークを訪れたいと思いました。

c0110871_18313289.jpg

   *     *     *     *     *     *     *

次週は、今回の旅行で利用した「デルタ航空」についてご紹介します。
[PR]

by W_A_S | 2009-05-15 18:41 | 海外旅行  

<< アメリカ南東部の旅(番外編2)... アメリカ南東部の旅(3) チャ... >>