LCC搭乗記(1) - ジェットスターアジア航空 -

梅雨明け宣言が出たあともすっきりしないお天気が続き、
そろそろ本格的な夏の到来が待ち遠しい今日この頃。
この夏のご旅行の準備はお済みですか?

ご存知のとおり、多くの路線で燃油サーチャージが無料となったこの夏は国外逃亡必須♪
今年の傾向としては、9月のご出発も人気が高く、例年予約が集中する8月のお盆時期でも
お求めやすいキャンペーン価格が登場したり、オトクにご旅行いただけるチャンスがいっぱい!

それでもご希望のフライトをお取りできない、という場合には、一旦行き先をフライト数の多い
近郊の都市に変更して、そこから本来の目的地まではLCCを利用するという奥の手も・・・!

 「ん?LCCって・・・??」と思われた方、
先日お届けしたキャメロン・ハイランド、マラッカへの旅行でLCCを利用したという
今回の旅行記をさっそくチェックして、一度はあきらめたご旅行も再検討されてみては・・・?


  *     *     *     *     *     *     *     *     *     *


先日、マレーシアへの旅行で、LCCを初めて利用しました。

目的地はクアラルンプールだったのですが、あいにく手頃な航空券がなく、
ちょうどシンガポール行きでキャンペーン料金が発売されたため、そちらを購入。
シンガポールからクアラルンプールへは、別途、LCCを利用することにしました。


ところでLCCという言葉、ご存知ですか?

LCCとは「ローコストキャリア(Low Cost Carrier)」の略。
つまり、機内食や座席指定サービス、マイレージプログラムといった無償サービスを
極力なくし、単一機材による多頻度運航、客室乗務員による機内清掃など、
必要経費を極限まで削ることで驚くべき航空券代金を実現した低価格航空会社のことです。
(※)上記はLCCの一般的特徴と言われておりますが、各LCCによりサービスは異なります。

日本では今のところ「格安航空会社」と呼ばれることが多いようですね。
ちなみに英語では、Low Cost Carrier のほか、Budget Airline や
No Frills Airline などとも呼ばれます。

最近、CMでおなじみのジェットスター航空が就航したことで、
新聞やテレビでLCCが取り上げられたりと、認知度は上がってきたようですが、
日本ではまだまだ一般的とはいえませんよね。
もともとLCCのビジネスモデルを適用しにくい環境ということもあり、
日本に本格的なLCCの時代が来るのはもう少し先のようです。

一方、ここ10年ほどでLCCが急速に普及したのが東南アジア。
いまや域内の移動手段としてすっかり定着し、多くの人が利用しています。

そんな東南アジアの中にあっても、シンガポール⇔クアラルンプール線は、
特にLCC激戦区といえる路線。

この路線には、シンガポール航空とマレーシア航空を始めとする既存の大手航空会社のほか、
ジェットスターアジア航空、エアアジア、タイガーエアウェイズというLCC3社も就航しています。

複数の航空会社が運航しているため、この路線では、スケジュールや料金など、
求める条件に合わせて、最適な航空会社を選択することが可能です♪

今回、往路は日本航空の成田⇒シンガポール線からの同日乗り継ぎのため、
もっとも重視したのはフライトスケジュール。
そしてもうひとつ大事なポイントは、利用ターミナルです。

LCCが多数乗り入れるシンガポールのチャンギ空港や、
クアラルンプールのクアラルンプール国際空港(KLIA)には、
設備が簡素化され、利用料が安価に設定されたLCC専用ターミナルがあります。

通常、これらのターミナルは、既存の航空会社が利用するメインターミナルから離れており、
両ターミナル間は、シャトルバス等で移動することとなります。

ただ、すべてのLCCがLCC専用ターミナルを利用するわけではなく、
利用料の高い通常のターミナルに発着するLCCもあるんです。
航空会社間の競争により、LCCどうしでもサービスの差別化がはかられてきているんですね。

チャンギ空港とKLIAの場合、各LCCの利用ターミナルは、下記のようになっています。

                  チャンギ空港(シンガポール)   KLIA(クアラルンプール)
- ジェットスター航空    ⇒     メインターミナル     /     メインターミナル
- エアアジア        ⇒     メインターミナル     /     LCCターミナル
- タイガーエアウェイズ  ⇒     LCCターミナル     /      LCCターミナル

日本航空など、既存の大手航空会社から乗り継ぐ場合、
当然メインターミナルどうしで乗り継げるほうがスムーズですので、
結局、往路はメインターミナルから出発するジェットスター航空、エアアジアの2社のうち、
時間帯がちょうどよかったジェットスター航空を利用することにしました。

c0110871_43843100.jpg

気になる料金は、航空券代金がなんと、、、
「5シンガポールドル(SGD)」(約350円)!
空港税等を含んだ総額は、43SGD(約2850円)になりましたが、
日本では考えられない料金ですよね。


さてここで、シンガポールでの乗り継ぎについてご説明いたします。

日本航空が到着するのがチャンギ空港のターミナル1、
そしてジェットスター航空が出発するのも同じくターミナル1ですので、
通常ならそのまま空港を出ずに乗り継ぎが可能なわけですが、
LCCご利用の場合、一旦荷物を受け取り、シンガポールに入国した上で、
ジェットスター航空のカウンターでチェックインをして出国、
という流れになりますので、注意が必要です。

ちょっと面倒ではありますが、チャンギ空港は案内板等の表示もわかりやすく、
出入国審査や手荷物のピックアップもスムーズなので、実際はそこまで苦ではありません。

ターミナル1以外に到着した場合でも、ターミナル1~3の間は、
スカイトレインで結ばれており、簡単に移動できます。

c0110871_4411850.jpg

それよりも空港内をいろいろ見てまわれるいい機会と考えて
ショップをのぞいてみたり、うろうろと探索してまわるのも楽しいですよ♪

私のオススメは、ターミナル1のチェックインカウンター近くにある
マレー菓子のお店「ブンガワン・ソロ(Bengawan Solo)」。
(※)市内各所にも店舗あり。また、ターミナル2・3にもあるようです。

マレー風バームクーヘンのクエー・ラピス(Kueh Lapis)や、
和菓子にも通ずるような色とりどりのかわいらしいお菓子がショーケースにズラリと並び、
つい目移りしてしまいます。

ちなみに職場に買って帰ったところ、鮮やかな見た目に引いたのか
誰も手をつけませんでしたが(汗)、ココナッツやブラウンシュガーの風味がきいていて、
見た目だけでなく味も美味しいんですよ。

c0110871_4423512.jpg

小綺麗な店内をぶらぶらするだけでもちょうどいい時間つぶしになるオススメのスポットです。

今回、日本航空からの乗り継ぎ時間は2時間ちょっとでしたが、お店を見てまわったり、
フードコートでフィッシュボールヌードルをすすったりする時間もあり、十分でした。

c0110871_4503335.jpg

ただ、同一航空会社での乗り継ぎではありませんので、
到着便が遅延した場合には、もちろん出発便は待ってはくれません。
確実に乗り継ぐのなら、より余裕を持ったスケジュールが必要です。

ちなみにジェットスター航空のアジア内路線の場合、
遅くとも出発時刻の40分前までにチェックインを完了する必要があります。


さて、最後に、実際に搭乗してみた感想ですが、
機内は、手入れのしやすさでLCCの間で人気のある革張りシートで、高級感があり、快適♪

c0110871_4512288.jpg

客室乗務員は、ユニフォームも含めてカジュアルな印象で、
男女ともにちょっとけばけばしい(?)ビジュアルのエアアジアとは印象が異なりました。

機内販売はサンドイッチ等の軽食のほか、オリジナルグッズなどもありましたが、
クレジットカードは使えませんので要注意。
シンガポールドル、または、マレーシアリンギットでの支払いとなります。

また、最近はLCCでもかなり定時運航率が高まっているようで、今回のフライト(3K687便)も
定刻どおりにシンガポールを出発、クアラルンプールへは、定刻10分前には到着しました。

ジェットスター航空の場合、クアラルンプールでもメインターミナルの到着なので、市内へは、
バス、タクシーのほか、鉄道(KLIAエクスプレス)でKLセントラル駅まで出ることも可能です。

c0110871_4521236.jpg

なお、エアアジアの場合、クアラルンプールではLCCターミナルへの到着となりますが、
航空券購入時にオプションとして、LCCターミナル~KLセントラル間のシャトルバスチケットを
格安価格(2.93SGD=約200円)で追加することも可能です。


さて、クアラルンプールからシンガポールへの復路では、また別のLCCに搭乗しましたので、
LCCターミナルの様子とあわせて、次回のブログにてご紹介いたします!


(※)本記事中に記載の情報は、2009年8月2日現在のものです。
   ご利用条件および料金等は、変更となる場合がございます。
   なお、航空券代金は2009年4月28日現在のもので、
   ご出発日、ご利用便により料金は異なります。


  *     *     *     *     *     *     *     *     *     *


LCCを利用した旅の様子はいかがでしたでしょうか?

航空券代金の安さにはビックリですね!
いったいどこで利益を確保しているのか、不思議に思えるくらいです。

東南アジアだけではなく、ヨーロッパやアメリカ、オーストラリア、南米、インド、
さらに最近では中国にもLCCが登場していますので、その動向からは目が離せません。

次回は別のLCCが登場するとのことですので、そちらもどうぞお楽しみに♪
[PR]

by W_A_S | 2009-08-02 04:57 | 海外旅行  

<< LCC搭乗記(2) - タイガ... クアラルンプール発! お手軽シ... >>