香港&インドの旅(4)

【3日目】

朝食後チェックアウトして、Taj Plalace(タージ パレス)内の様々な部屋を
見せていただきました。

c0110871_1301720.jpg

シャワールームはガラス張りです・・・
c0110871_130403.jpg


c0110871_131261.jpg
c0110871_1311665.jpg

c0110871_1362317.jpg


6-8階はクラブスイート!専用のチェックインカウンターがあります。
いい香りが漂っていました。
c0110871_1334462.jpg

ルームサービスやクリーニングの受け渡しは、この引き出しを使えば
ドアを開けなくてもOKなんです!(廊下から撮った写真です)
c0110871_13302555.jpg

c0110871_13305017.jpg

c0110871_13311724.jpg

c0110871_13313386.jpg

c0110871_1331539.jpg

ミーティングルーム 6-8階に泊まると、1部屋あたり2時間まで無料で使えます。
c0110871_13365412.jpg



視察終了後は空港に向かい、早くもデリーを後にします。
空港に向かう途中 歩道はまだ未舗装のところもありました。
c0110871_15323637.jpg

しかもちょうど朝の通勤ラッシュで渋滞
c0110871_15341940.jpg


ところで、インドの挨拶といえば「ナマステ」ですね。
おやすみ以外はナマステでいいそうです。
もし丁寧に言いたいときは「ナマスカ」とか「ナマスカーラム」と言います。
ナマステ<ナマスカ<ナマスカーラム
という順番に丁寧になるそうですよ。

空港の人気撮影スポット!インドといえばやっぱり象さん☆
c0110871_15361183.jpg


ラウンジも使わせていただきました。
c0110871_15371696.jpg

c0110871_15374733.jpg

c0110871_1538250.jpg


早速ジェットエアウェイズでデリーからバラナシに向かいます。
デリー10:50発⇒バラナシ12:05着 約1時間15分のフライトです。
国内線にはなりますが、空港がひじょーに広いので
搭乗ゲートまでの移動に結構時間がかかります。
国内線でも必ず2時間前には空港に着くようにした方が安全ですよ。

c0110871_15554947.jpg

搭乗券には上記のように2つのスタンプが押されます。
またチェックイン時に手荷物用のタグが渡されますが、
このタグには手荷物検査の際に係員が搭乗券と同じようなスタンプを押してくれます。
搭乗前にパスポートと搭乗券のほか、搭乗券とタグの計3つのスタンプがチェックされ、
不備があると乗せてもらえません。
スタンプの押し忘れがないかどうか自分でも確認したほうがいいですね。

ところでジェットエアウェイズは、今のところ日本には就航していないため
ちょっとなじみが薄いかもしれません。
JALやANA、そして今回利用した香港航空で成田-香港間を、
香港-デリーorムンバイ間をジェットエアウェイズで移動するという
航空券がありますので、興味のある方は調べてみてくださいね

ちなみにジェットエアウェイズには3タイプあります。
(1)ジェット エアウェイズ(便名は3ケタ) ←今回はこれ
    ・・・フライト時間が短くても食事あり!ビジネスとエコノミーの2クラス
(2)ジェット コネクト(便名は4ケタ)
    ・・・ビジネスとエコノミーの2クラス。ビジネスは食事つき。
      エコノミークラスに食事はついていませんが、機内販売で買えます。
(3)ジェット ライト(便名は4ケタ)
    ・・・エコノミーのみ。食事は機内販売。機体は水色
c0110871_16203373.jpg

ジェットライトは超早割(4ヶ月前とか)でチケットを買うとかなり安い料金が
あるみたいですよ!


今回もビジネスクラス!!
c0110871_1626153.jpg

頭を乗せる部分がふっかふかでとても気持ちよかったです!
エコノミークラスの様子
c0110871_1629013.jpg

機内食のメニュー
c0110871_16293553.jpg

お隣の方はキッシュを選択
c0110871_16313911.jpg

私はベジタリアンのカレーを選択 意外とボリュームがありました
c0110871_16322242.jpg

デザートは激甘。。
インドの方はしっかりと甘いのが好きなんだろうなあ、と実感。

ところでインド国内線は電池の持ち込みがNGです。
懐中電灯とか目覚まし時計とか機内に持ち込む方は少ないかとは思いますが、
機内持ち込みにはせず、必ず預けましょう。
では、携帯やデジカメはどうなるのか?が気になるところですが、
今回特に問題ありませんでした。
でもそれは係員の判断次第(気分次第?)ということでもあるようなので、
怪しまれてしまうようなものを持ち込まないように気をつけましょう。


バラナシに到着 昼間はさすがに暑いです。
c0110871_16333780.jpg

バラナシはジャイナ教、ヒンズー教、仏教の聖地。
重要な街なんですね。
そしてサリーと紙タバコ(くちゃくちゃと噛むタバコで、口の中が真っ赤になります)と
泥棒で有名な街でもあるそうですよ。

空港からホテルまでバスで「高速道路」を使って移動しましたが、
これが高速?!といいたくなるような道でした。
もちろん信号はありませんでしたが、道幅はギリギリすれ違えるような狭さで
車線も街灯もないような道。
そして道の両サイドにある木は、暗くなっても道幅が分かるように
赤と白のペンキで縞々に塗り分けられていました。
というわけであまり「高速」では走れない道ですが、
皆さんクラクションを鳴らしつつ、うまいことお互いをかわして走っていました。

今夜の宿泊はRaddissonです。

Raddissonのお部屋の様子などはまた次回!
[PR]

by W_A_S | 2011-07-07 13:28 | 海外旅行  

<< 香港&インドの旅(5) 香港&インドの旅(3) >>