香港&インドの旅(7)

【4日目夜~5日目】

夕飯の後、いよいよアグラ行きの夜行列車に乗るために
ムガールサライ駅に向かいます。
今回乗るのはエアコン付き2等寝台。
トイレがかなり汚いらしい、という噂を耳にしていたので
ドキドキです・・・

駅はどこもかしこも人でごった返していました。
c0110871_1811883.jpg

待合室も床も含めて人だらけ。
c0110871_1831456.jpg

シート番号は壁に張り出されます
c0110871_1845918.jpg

c0110871_1855826.jpg

ホームで待つ人も多数
c0110871_1865680.jpg


残念ながら22:20発のはずの列車は遅延。。
夜ではありますが、この日は蒸し暑かったため
いつ来るか分からない列車をじっと待っているのはなかなかの苦痛。
しかも精神的にちょっと病んでいる感じの物乞いに
我々一行はしつこく付きまとわれ、なんだか不安になってきます。

日本では、駅のホームはいつも一定の方向から電車が入ってくるものですが、
インドではバラバラ。
だから遅れるのでは?!とつっこみたくもなります。
しかもお客さんをたくさん乗せて、ずーっと停車したままの電車があるかと思えば
すぐに発車する電車もある。
c0110871_10381822.jpg

(エアコンなしの電車でも皆さんおとなしく発車を待っていました)
発車のベルなんてないので、気がつけばスーっと動き出している。

そして駅のアナウンス。
うまく説明できませんが、
当選しましたっ!!みたいなとても明るい音がパンパカパーン♪♪と鳴り、
その後に妙に明るいアニメ声(女性)でのアナウンス。
それがしょっちゅう鳴り響き、とても落ち着かない気分になります。

本当に電車は来るのか?
ちゃんとアグラに辿り着けるのか?
不安は増すばかり。


そして1時間半以上待った後、ようやく電車が到着。
c0110871_10391944.jpg

まあ、こんなもんですよね。。インドですから。

大きい荷物はポーターさんが運んでくれます。
c0110871_1042187.jpg

頭上にスーツケースを2個は当たり前!
軽々と持ち上げていました。
普段は首に巻いている布を、いざ荷物を運ぶとなると
ささっと頭に巻いて荷物をのせる土台にしていて、
急に雰囲気が仕事モードに変わっていました。
プロとしての誇りを感じますね。

さてさて、エアコン付き2等寝台は果たして耐えられるレベルなのか?

c0110871_13182235.jpg

c0110871_132972.jpg

枕と毛布セットは各シートに置いてあります。
一応きちんと洗濯済みのようですが、怪しさ満点。
毛布セットは紙袋に入っていて、シーツ・毛布・タオルの3点セット。
外との気温差がありすぎるせいか、シーツは湿っぽい状態。
タオルは、お年賀とかでもらうような白い普通のタオル。
汚れはないものの、かなり使い込んであり、しかも
なぜか途中でカットされていました。(端は切りっぱなし)
使い方が分からなく邪魔なので、私は枕の下へ。
人によっては枕がきれいかどうかあやしいから、
ということで枕の上にのせて使った方もいました。
毛布はIRと刺繍されているものです。
しっかりした素材であるものの、車内がギンギンに冷えているので
後でだんだん寒くなってきました。
毛布を広げるとこんな感じです。
c0110871_1331113.jpg



トイレは・・・
我慢し続けるわけにも行かないので、
意を決して行ってみると・・・

確かに汚いのですが、
もっとひどい状況を想像していたのと、
意外と臭いはあまりしなかったので
大丈夫でした。

でもトイレットペーパーはないので
必ず1ロール持って行きましょう。

c0110871_1337298.jpg

お隣さんとはすぐ近く。
2段ベッドになっているので、それぞれ上にもシートがあります。

はっきり言ってきれいではありませんが、
なんだか修学旅行のようでなかなか楽しめます。
そしてこの日はかなり早い時間に起きたので
横になればすぐ眠れました。
(但し寒くて途中で何度か目が覚めましたが。)
そしてダニに攻撃されることもなく
予定より2時間ほど遅れて無事アグラに到着。
c0110871_17220100.jpg

c0110871_1724441.jpg

エアコン無し車両の窓辺には物売りさんたちが群がって
必死の営業タイム。

ポーターさんは1人で荷物3個までいけます!
c0110871_1751275.jpg


ちなみに1等車は連結されていることが少ないそうなので
鉄道での移動を組み込む場合、2等車にした方が確実です。
そして時間にはたっぷり余裕を見ておきましょう。


アグラの宿泊はHotel Clarks Shiraz(クラークス シラーズ)です。
泊まったお部屋はデラックスツイン。
c0110871_17123966.jpg

c0110871_17131362.jpg

c0110871_17183544.jpg

窓からの眺め。
c0110871_1714042.jpg

デラックスルームは72部屋有り、そのうち18部屋はなんと!タージマハルが見えます☆
(もちろん私の部屋からは見えませんでしたが)
最上階のレストラン(ムガール ルーム)からもタージマハル、そしてアグラ城が見えます。
c0110871_17213141.jpg

c0110871_1823124.jpg

(タージマハルは奥の方にぼんやり写っている白いドームです)

レストランの近くにあった、かなり簡単なプレイルーム。
ピカチュウが随分ヒドイことに・・・(;´Д`A ```
c0110871_17243689.jpg

なぜ首がつながってないのでしょう?
見れば見るほど怖い絵です(笑)


アグラでも他のホテルを視察させていただきました。
その中で素敵なホテルを2つご紹介しましょう!

●Jaypee Palace Hotel(ジェイピーパレス)
迷子になれる広さでとてもきれいです!
でも気張らず、和める雰囲気。
c0110871_18462110.jpg

c0110871_1847110.jpg

c0110871_18473674.jpg

c0110871_1848255.jpg

c0110871_1848434.jpg

チェックインとチェックアウトでカウンターが分けてあるのが特徴的です。

エグゼクティブルーム だいたい1泊1部屋1万~1.1万ルピー
c0110871_1955452.jpg


そしてプレジデンシャル・スイート!!!
c0110871_19101875.jpg

c0110871_19103588.jpg

自炊もできます
c0110871_1911496.jpg

c0110871_19114975.jpg

こんな大きなタンスまで!
c0110871_1913097.jpg

c0110871_19133479.jpg

c0110871_1914111.jpg

ベッドルームは2つ
c0110871_19142823.jpg

タオル地のふかふかスリッパも完備♪(結構大きめ)
c0110871_19154286.jpg

バスルームは2つあり、1つはテレビ付き
c0110871_1917468.jpg

さすがプレジデンシャル!
広くて居心地がよさそうです♪

最大6名まで泊まることができ、1泊5万ルピー~。
ムシャラフさんも泊まったことがあるそうですよ。

ティーラウンジでは様々な紅茶を楽しむことができます。
c0110871_19222978.jpg

c0110871_19254198.jpg

c0110871_19231811.jpg


レストランも美味しそうでした!


●Radisson Hotel Agra
イマドキなホテルに泊まりたい方におすすめ。
まだできて数ヶ月で、プレオープン中でした!
c0110871_19361847.jpg

c0110871_1937393.jpg

c0110871_19373014.jpg

プールもきれい!
c0110871_1938826.jpg

しかもプールの近くにあるトイレにはシャワーやスチームサウナ、ロッカーなどが
完備されています!

9月まではスペシャルプライスがありますよ♪
スタンダードが1泊4200ルピーほど。(朝食付)
なかなかこのクラスのホテルにこの料金で泊まることは
難しいので、チャンスですね☆


それにしても電車の写真とのギャップは
すさまじいものがありますね・・・


さて次回はアグラ城、そして麗しのタージマハルの写真を
中心にお届けします!
[PR]

by W_A_S | 2011-07-28 15:26 | 海外旅行  

<< 香港&インドの旅(8) 香港&インドの旅(6) >>