スタッフの旅行記! ~マレーシア編Ⅰ~

こんにちは!
みなさんは3連休をどのように過ごされましたか?
私は土曜日は出勤、日曜日は商店街の福引で50円×2回という結果に終わり、
月曜日は地震のニュースに呆然としておりました。

台風や中越沖地震で被害を受けてしまった方々が、
一刻も早く通常の生活を回復されることを願って止みません。。。

さて今回は6月に早くも夏休みをとったスタッフの旅行記第一弾です!
このスタッフは週1回配信中のメルマガの筆者でもあります。
まだメルマガの登録をされていない、そこのアナタ!
メルマガ会員限定の割引なんてものも実はありますので、
この機会に登録しちゃってくださいね!

↓↓↓

 マレーシアに行ってきました。
 以前から行きたかったランカウイ島のリゾートに3泊、
 そして経由地のクアラルンプール(KL)で1泊という行程です。

 ランカウイ島のリゾートについては、
 いろいろとご紹介したいのですが、長くなってしまうので別の機会に。。
 今回は、実際に行ってみて気づいた点や
 おすすめポイントなど、お伝えしたいと思います。

c0110871_1234501.jpg
 航空会社はマレーシア航空を利用しました。
 これがじつはおすすめその1です。

 マレーシア航空というと一般的にはどんなイメージなんでしょう??
 よくわかりませんが、もしかすると地味なイメージなのかもしれません。

 ところが・・・!
 実際は、航空業界の各種調査で知られる英国・スカイトラックス社による
 ランキングで、最高評価の5つ星(全航空会社中5社のみ)を獲得するなど
 そのクオリティの高さを世界に認められたエアラインだったんですね。

 ※「マレーシア航空以外の5つ星エアラインって?」と
  思われた方は、こちらをチェック!

 実際、成田線はボーイング777(トリプルセブン)という最新機材を使用、
 民族衣装のケバヤに身を包んだCA(客室乗務員)もフレンドリーで、
 (ケバヤというとシンガポール航空が有名ですが、マレーシア航空のそれは
 ランカウイの海のようなエメラルドがかったブルーの生地が爽やかです♪)
 さらに、このご時世でビール、ワインとも無料というのはとってもお得!


 そんなこんなで約7時間の快適な空の旅を終えると飛行機は
 近代的なクアラルンプール国際空港(KLIA)に到着します。
 1998年に開港したこの新しい空港は、最近なにかと注目度がUPした
 黒川紀章氏のデザインということでも有名です。

 空港からは高速鉄道・KLIAエクスプレスが便利。
 市内中心のKLセントラル駅まで28分、片道35RM(約1260円※)です。
 ※1RM(マレーシア・リンギット)=35~36円(7/19現在の銀行売値)で換算
c0110871_124740100.jpg

 KLセントラルからは、KL随一の繁華街・ブキッビンタンまで
 KLモノレールでアクセスが可能ですが、
 大きな荷物も多い到着・出発時には、やはりタクシーがラクですよね。

 初めての国でタクシーは不安、、という方でも、
 KLセントラル駅からなら構内のタクシーカウンターで
 事前にクーポンを購入するシステムですので、心配はご無用。
 しかも、ブキッビンタンにあるウェスティンホテルまで9RM(約330円)
 (+スーツケース1個につき1RM)と、リーズナブル!
 鉄道とモノレールだけでは少し不便なKLでは、かなり使える移動手段です。

 ※クーポン制でない場合には事前に料金を確認した方が無難です。
  また、市内は慢性的に渋滞していますので、時間には余裕を持った利用を!


 ホテルに着いた時にはすでに夜9時をまわっていましたので、
 明日に備えて今日は早めに就寝、、、ではもったいない。
 KLの夜はこれからなんです!

 ブキッビンタン通りや、そこから1本裏手の屋台街・アロー通りなどは
 深夜0時をまわっても多くの人で賑わっています。

 今回予約した部屋は、ウェスティンホテルのツインタワービュー、
 マレーシアが世界に誇る超高層ビル、ペトロナスツインタワーが望めます。
 ただ、ブキッビンタンからでは、KLCCと呼ばれるエリアに建つ
 ツインタワーまでは少し距離があり、しかもホテルとタワーの間には
 プリンスホテルなどの高層ビルが。。。

 ということで、ツインタワーを間近に見るべく、
 おしゃれなナイトスポットへ出かけることに。

 まず目指したのは、KL一ロマンティックな夜景を楽しめる
 と言われるレストラン「ザ・サーティナイン」。
 KLCC近くに建つシティホテル、PNBダービーパークの最上階です。
 が、しかし、訪れたときにはなぜかクローズ。。
c0110871_12401861.jpg

 気を取り直して向かった先は、昨年オープンしたばかりの最新ホテル、
 トレーダースホテル・クアラルンプールの最上階「スカイ・バー」。
 こちらはしっかり営業中でした。

 店内に入っていくと、目の前に迫力のツインタワーを拝むことができ、
 バーの中央にはプールあり、奥にDJブースあり、
 ツインタワー側の席は、プールサイドにお座敷風にしつらえてあって
 なんともスタイリッシュ♪
c0110871_12413869.jpg

 KLの夜景を楽しむのなら、絶対おすすめ!のスポットです。
 結局12時過ぎまで景色とお酒と料理を楽しみ、ホテルに帰って
 ウェスティン自慢のヘブンリーベッドで深い眠りにつきましたzzZZ


 さて、翌日はいよいよランカウイ島へ移動する日!
 しかし、フライトは夕方なのでまだ時間はある、、いうことで、
 観光&ショッピングを楽しもうと、再び街へと繰り出します。

 そう、何を隠そうKLは多くの大型ショッピングモールがひしめく
 買い物天国なんです!

 まずは観光も兼ねてチャイナタウン近くのスルタン通りへ。
 この辺りは中国系のお店が集まっているため、お茶屋さんもあり、
 おみやげ選びに立ち寄りましたが、たいていどこのお店でも冷たい
 烏龍茶の試飲があったりで、暑さ厳しいKLではオアシスのような感じ。

 お茶屋さんにピットインしつつ進んでいると、
 KL随一のヒンドゥー寺院であるスリ・マハマリアマン寺院、
 そして、クラン川とゴンパック川の交わるKL発祥の地に建つモスク、
 マスジッド・ジャメに到達。

 思わぬかたちで観光名所を押さえたところで、いざショッピングへ。
 ペトロナスツインタワーの根元部分にあるスリアKLCCへ向かいます。

 ここにはさまざまなテナントが集まっていますが、
 特に女性におすすめなのが、地元の女性に絶大な人気の「VINCCI」。
 1000~2000円台くらいのサンダルは、意外に(?)おしゃれで、
 友人へのお土産としてまとめ買いしていく観光客も多いとか。
 私も母親に1足購入してみました。

 ただ、店内は戦場のように混み合っており、靴を見せてもらったり
 お会計をするのには時間がかかりますので、ここでも時間には余裕を。

 私の場合は、そんな状況にもかかわらずギリギリまで
 ショッピングモールを離れることができず、
 慌てて拾ったタクシーで空港まで飛ばしてもらうハメになりました。。。


 というわけで、いよいよランカウイ島へと移動します!
 (すいません、続きます。。)
[PR]

by W_A_S | 2007-07-20 12:55 | 海外旅行  

<< スタッフの旅行記! ~マレーシ... スタッフの旅行記! ~台湾編~ >>