スタッフ旅行記! ~マダガスカル編2~

コートの季節になりました。
そして近づいてくる年末。
早いものですねえ・・・。

さて今回は前回の続きで、マダガスカルの旅PART2です。
早速どうぞ~

↓↓↓

翌日、モロンダバからマダガスカル版グランドキャニオンと呼ばれる
イサル国立公園を目指すため国内線を利用しチェレアールへ。
そこからタクシーブルース(タクシーべの長距離版)で5時間を費やしラヌヒラへ。
この町は、中南部に位置し、2001年の皆既日食を観察するために
世界各国から天文学者などが集まったことでも有名です。
この日は、国立公園へ入園するためにはガイドを雇うことが必携となるため、
ガイドと打ち合わせをし、早めの就寝。

翌日は、早朝から動き始めました。まずは、ガイドと再会し、
マウンテンバイクをレンタルし、ラヌヒラから10km離れたマキ・キャニオンへ。
マキとはマダガスカルで有名なワオキツネザルの通称で、よく出会えるとのことで、
期待に胸を膨らませます。
c0110871_18594223.jpg

モロンダバと同じく日陰のない1本道をガイドと共に悪路を1:30くらいかけ
そろそろ手足が痺れてきた頃、キャニオンの入口へ到着。
バイクを置き、しばらく歩いていくと突然頭上にベローシファカに遭遇。
c0110871_190554.jpg

このキツネザルは、地上では横っ飛びをすることで有名です。
キャニオンの内部は、幅10mの両脇には高さ150mほどの絶壁がそびえ、
侵食をしたと思われる小川が流れています。
現在は水量が少ないですが、雨期には数mの高さにもなるとのことです。
乾期の今でしか内部には入れない貴重な経験です。
キャニオンの間からは、小鳥のさえずりも楽しめます。
また、自然のカメレオンにも遭遇できます。

また、マウンテンバイクで2時間移動し、バイクから降り、トレッキング開始。
アップダウン激しい道を1:30ほど進むと、水しぶきが谷間に響きだしました。
リトルフロッグ滝です。このあたりはバードウォッチングで有名な場所です。
また、しばらくトレッキングすると、火照った体を冷やすのには抜群の
名前はそのまま”ナチュラルプール”があります。
c0110871_1904382.jpg

透明度はあり、水深もそれほどないので、ガイドと共に
自然界での休息を取ることにしました。
また、帰りの道中ではワオキツネザルに遭遇。
c0110871_191117.jpg

ワオキツネザルもシンドそうでした(笑)。
サイクリングにトレッキングに疲れた1日でしたが、
自然との触れ合いを大事にできた1日でもありました。

さて、この日は滞在日数が限られているため、サザンクロス街道
(アンタナナリボ~チュレアール間941kmのマダガルカル版国道4号線)を
一路北上し、温泉の町アンツィラベを目指すことに。
マダガスカルは中央部に山脈が走っています。
この山脈に沿うようにサザンクロス街道があるため、山道カーブが多くなります。
しばらくタクシーブルースは快調に走っていましたが、夜中となり、
乗客が騒ぎ出したことで、起きてしまいました。
なぜか、車は走っているのに前方は暗いのです!
どうやら、ライトのバッテリーが切れてしまったようです。
もちろん街灯はなく、道外は谷です。わずかな月明かりを
頼りに運転してしまうというのもマダガスカルらしいです(笑)
乗客は、さすがに一睡もできません!

そんな予想外のハプニングもありましたが、無事 アンツィラベへ到着。
一緒に乗っていたおばちゃんに
「あんちゃん、この町はマフィアがいるから注意するのよ!
どっか連れ去られちゃうんだから!」
なぁんて、言われちょっと警戒心を4レベルへ上昇。
たしかに町は混沌としていますが、危険アンテナを張りめぐらせて、町を探索。
町の外れ、ラヌマファナ湖畔に、温泉がありました。
日本のように裸で入浴するのではなく、水着着用の温泉プール、
すさまじい水圧のホースを患部にあてマッサージをするなど、
この旅の疲れを払拭するのに最適な1日を過ごすことができました。

最後に、首都アンタナナリボへ戻り市内を散策。
標高1400mの高地にあることもあり、空気は乾燥していて爽やかです。
c0110871_1915116.jpg

坂と人が多い街でもあり、フランス文化が色濃く残っています。
おいしいフランス料理を食べたい人はぜひアンタナナリボへ!
低料金で存分に味わえます!
ちょうど10月末の時期は、ジャカランダという紫の花が咲く時期にあたり、
町中が紫にそまり幻想的な雰囲気にも出会えました。
c0110871_19273.jpg

街の階段を利用して運動する人、マーケットでは声を張り上げて
お客さんを勧誘する人、スーツを着たビジネスマンなど
一国の首都としては当然の時間の流れがあることが印象的でした。

お土産としては、バニラビーンズやチョコレート、コーヒーなどが有名です。
また、街を歩けば目にするマキMAKITシャツも有名です。

c0110871_1912515.jpg

こうして、マダガスカルでのゆっくりとした時間が経過し、大自然のすばらしさ、
マダガスカル人の心の大きさを実感した旅でした…。
まだまだマダガスカルへの渡航は安易ではないですが、
今がだからこそ自由旅行をしてみてはいかがでしょうか?


番外編
帰りにタイで乗継関係で2日ほど滞在となりました。今まではバンコクの喧騒が楽しく、
ほどよかったのですが、最近はバンコクから2時間ほど離れた町、
カンチャナブリでトレッキングなどをして過ごすことに快感を得るようになりました。
泰緬鉄道(戦場に架かる橋)でも有名な町です。
ぜひ、足を運んで見てください。
[PR]

by W_A_S | 2007-12-06 19:13 | 海外旅行  

<< スタッフ旅行記! ~香港&マカオ編~ スタッフの旅行記! ~マダガス... >>