スタッフ旅行記 タイその2 ~ アユタヤ!

そろそろ夏の日差しが恋しくなってくるほど涼しい毎日が続いていますが、
今週は、タイ旅行記シリーズの2回目、日差しがまぶしいタイ中部の世界遺産、
アユタヤをお届けします!

14~18世紀にかけて、約400年に渡って栄華を極めた都・アユタヤ。
しかし、現在見ることができるのは、ビルマ軍の侵攻により破壊され、
灼熱の大地に時が止まったかのようにたたずむ姿です。

タイに行ったら一度は訪れたい悠久のロマン漂う遺跡の街。
まずは、先週の続き、チェンマイからバンコクへ到着したところから、、どうぞ。


*   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *


チェンマイを慌しく出発し、タイ国際航空で2日前に乗継で訪れた
バンコク・スワンナプーム国際空港に到着。

ちなみにチェンマイ-バンコク間の路線は、スワンナプーム空港のほか、
かつてのバンコク国際空港であるドンムアン空港発着もあります。

バンコクから国際線に乗り継ぐのであれば、スワンナプーム空港利用の方が
圧倒的に便利ですが、バンコクに滞在するなら、ドンムアン空港もオススメです。

特に、かつてのバンコクの趣きを感じたい方はぜひどうぞ。


さて、タクシーでホテルまで移動、夕食は屋台で済ませ、
翌日は、朝から列車でアユタヤに向かいます。

まずは、タクシーでタイ各地への列車が発着するバンコクのターミナル駅、
ホアランポーン駅へ。

c0110871_11164028.jpg

ホアランポーン駅は、カマボコ型の屋根をした立派な駅舎で、
一歩足を踏み入れると広々とした空間が広がり、待合スペースの両サイドに、
ショップやレストランが軒を連ねています。

c0110871_1117841.jpg

当日券売り場でアユタヤ行きの切符を購入。
3等客車でなんと1人片道20バーツ(約70円)
バンコクからアユタヤまでは1時間半くらい乗りますが、日本では考えられない
リーズナブルな料金です。

さて、出発までの時間に駅舎内の食べ物を扱う屋台を物色。
中にタロ芋のクリームが入った焼きたてのワッフルや、バターコーン、揚げバナナなどを
買い込んで、いよいよ乗車。

定刻を少し過ぎて出発した列車は、ゆっくりとプラットフォームを滑り出し、
アユタヤへと向かいます。

c0110871_11483799.jpg

途中、スラムのような線路沿いの住宅、バンコク郊外の住宅地、
そしてタイの田園風景へと景色が変わり、お昼前にアユタヤに到着。

c0110871_1149563.jpg

アユタヤは、チャオプラヤ川とその支流に囲まれ、
ちょうど東西約8キロ、南北約4キロほどののような地形をしており、
その島の内部および周辺に遺跡が点在しているため、
トゥクトゥクをチャーターしてまわることにしました。

c0110871_11493896.jpg

アユタヤ駅周辺には、多くのトゥクトゥクの客引きがいます。
かなりネゴって、2人で4時間1000バーツで手を打ちましたが、
相場はもう少し安かったようです。。

トゥクトゥクは、効率よく遺跡をまわるには便利な交通手段ですので、
上手に交渉して、タイならではの風情を楽しみましょう。


さて、行き先は運転手にお任せして、まず到着したのが、島南東部の外側に位置する
ワット・ヤイ・チャイ・モンコン

c0110871_11501988.jpg

62メートルもの高さを誇るセイロン風の仏塔は迫力満点。
仏塔の周囲には、坐仏像がズラリと並び、壮観です。

c0110871_11503664.jpg

ここは他の遺跡と比べ、建物や仏像の破壊が少なく、
仏塔や仏像にかけられた布の山吹色も鮮やかで美しいです。

次に訪れたのは、島の中央部にあるワット・マハータート

こちらはかつて44メートルの高さの仏塔があったとされていますが、
ビルマ軍による破壊で、もはやその面影はなく、壊された仏塔や、
頭部を切り落とされた仏像が並んでいます。

c0110871_1265276.jpg

そんな廃墟の中、この遺跡でもっとも有名なのは、
大木の根に埋め込まれてしまったかのような仏頭です。
アユタヤの代表的な光景であり、ご覧になったことのある方も多いのでは。

c0110871_1151347.jpg

ワット・マハータートを後にして、次はかつての王室の守護寺院だった
ワット・プラ・シー・サンペットに向かいます。

途中、エレファントキャンプのような場所に立ち寄り、かわいい小象や、
多くの着飾った象たちを見学しました。
チェンマイで乗ったので、ここでは乗りませんでしたが、
アユタヤで象に乗るのもいいかもしれません。

c0110871_1151589.jpg

さて、アユタヤで最も重要とされる遺跡のひとつワット・プラ・シー・サンペットに到着です。
ここもセイロン様式で建てられており、美しいチェディ(仏塔)が3基並んだ様は、
まさにアユタヤの象徴的な景観といえます。

c0110871_12101926.jpg

ワット・プラ・シー・サンペットから西へ行くと、道端に突如現れる巨大な寝仏が、
ワット・ロカヤスタ

c0110871_1153647.jpg

まわりに囲いなどはなく、じつに開放的な仏像です。

そして最後に訪れたのは、ワット・ロカヤスタからさらに西、島を少し出た河畔に位置する
ワット・チャイワッタナーラーム

c0110871_11533031.jpg

カンボジアのアンコールワットにも似たクメール様式の遺跡で、
こちらもビルマ軍に破壊されていますが、中でも頭部を切り落とされた仏像が
並んでいる姿が印象的です。

c0110871_11541656.jpg


アユタヤは、たいていいつ行っても日差しが強く、暑いですが、そんな暑い大地に
静かにたたずむ多くの仏塔や仏像を見に、一度は訪れていただきたい場所です。

また、ここでご紹介した遺跡は、アユタヤ遺跡の一部ですので、
ぜひほかの遺跡も訪れてみてください。


*   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *


次週はバンコクの3大寺院とタイの屋台をご紹介します!
[PR]

by W_A_S | 2008-08-29 12:14 | 海外旅行  

<< スタッフ旅行記 タイその3 ~... スタッフ旅行記 タイその1 ~... >>