カテゴリ:海外旅行( 124 )

 

バンコク式クレープ

1、あらかじめ作っておいた生地の種を1つ取り出し、
  油を引いた台の上に薄く丸く広げます。
c0110871_1621478.jpg


2、広げた生地を油を引いたフライパンに移して焼きます。

3、コップに刻んだバナナと生卵を入れてかき混ぜ、
  先ほどの生地の上に広げます。
c0110871_1622310.jpg


4、長方形になるように生地を折りたたみ、
  途中で油を足しながら両面をよーく焼きます。(揚げ焼き風)

5、切れ目をつけて、砂糖や練乳やチョコレートなどを
  たっぷり振りかけて出来上がり!
c0110871_16221660.jpg




一見、激甘で脂っこそうに思えますが、
意外とそんなことはなく、サクサク食べられます。

本場フランスのクレープとはだいぶ違うものになっていますが、
これはこれで素朴でおいしいですよ!
屋台を見かけたら、チャレンジしてみてください♪
お値段は30バーツ(=約90円)でしたよ。
c0110871_16225386.jpg

ちなみに向かって左の麺はパッタイ(タイ風焼きそば)45バーツ。
こちらも別の屋台で注文しました。

タイは屋台ごはんが安くておいしいですね~。
[PR]

by W_A_S | 2013-02-14 16:24 | 海外旅行  

旅な一枚 -86~88枚目-

先週の写真は、タイのバンコクにある
ワット・ポーの涅槃仏の‘後姿'でした!(足側から撮影したもの)
後ろから見るとなんだかロボットみたいでしたね。

同じく足元から前側を撮影したものは↓こちらになります。
c0110871_11202643.jpg

足の指のぐるぐるが気持ちいいですね。

頭側から撮影したのはこちら↓
c0110871_11205387.jpg


足の裏は眺めているだけでなんだかありがたい気分になれます。
ドデカイ足裏ですが、装飾は繊細です。
c0110871_11211150.jpg


ところでこの完全なる偏平足は、超人の証なんだそうです。
偏平足は体に良くないと聞いたことがあるような気がしますが、
超人には、もしくは常に横たわっているから関係ないのでしょうか?!
さすがです。
[PR]

by W_A_S | 2012-12-06 17:00 | 海外旅行  

旅な一枚 -84~85枚目-

久々の更新となりますが、、
みなさんこんにちは。
c0110871_13222638.jpg


さて突然ですが、
これは何でしょう?
c0110871_13232179.jpg



それでは、また来週!
[PR]

by W_A_S | 2012-11-29 17:00 | 海外旅行  

ダナン・ホイアンで 雑貨だけじゃない!ベトナム体験 その4

ベトナム中部 ダナン・ホイアンの視察旅行の
最終日(2012年4月30日)です。

ハイアットは朝ごはんもさすがです☆
c0110871_12543290.jpg

c0110871_12543947.jpg

c0110871_12544533.jpg

バリエーション豊かでおいしい!!
c0110871_12535225.jpg

単なるコーヒーだけでなく、カフェラテなども作ってもらえます。
c0110871_12545168.jpg


本日はまずチャンパ博物館(チャム博物館)から。
チャンパ王国時代の彫刻が多数収蔵されており、
その一部が展示されています。
ヒンドゥー教の影響を受けているので、
シヴァ神やガネーシャ、ガルーダなどの彫刻を見ることができます。
c0110871_12571273.jpg

c0110871_1257208.jpg

c0110871_12573348.jpg

思わず触りたくなる、ガネーシャの迫力の後姿 ←触ってはいけません
c0110871_1258896.jpg

館内はエアコンがないので、窓は開けっ放しで非常に暑く、
展示物がただ並べてあるだけ、という印象を受けてしまう
とても簡素な博物館ではあります。

でも、よくよく見てみると滑らかな曲線が美しく、
表情がやわらかくて癒し効果のありそうな味わいのある彫刻が多数あります。
c0110871_1304319.jpg

c0110871_1305045.jpg

c0110871_1305963.jpg

c0110871_1362256.jpg

4人重なっていてユーモラス
c0110871_1393710.jpg

何かのキャラクターのようなガルーダ
c0110871_13102363.jpg

c0110871_13114466.jpg

巨大でした
c0110871_1313053.jpg

c0110871_13132070.jpg

あまりにも何気なく置いてあるので、
さらっと見て終わりにしてしまいがちですが
ぜひ一つずつ足を止めてゆっくり味わってみてほしいです。

そしてこのような遺跡のお好きな方は、
世界遺産のミーソン遺跡にも足を伸ばしてみるといいですね♪
ちなみにミーソンのミー=美しい、ソン=山という意味だそうです。


ランチは1日目の夕食をいただいたダナンのレストランで。
c0110871_13164150.jpg

c0110871_1317594.jpg

c0110871_13173566.jpg

c0110871_13175586.jpg

またもや、揚げ魚。。
よほど定番なのでしょう。
そろそろお醤油が欲しくなってきます。


午後はバナ高原へ。
c0110871_13184234.jpg

世界最長のロープウェイが特長です。
c0110871_1320858.jpg

c0110871_13203743.jpg

ロープウェイからは滝などが見れる上に、
高度が上がるにつれだんだん涼しくなってくるので
暑さにバテた時に訪れるといいですね。

ロープウェーは2段階に分かれていて、
終点にはテーマパークのようなものが建設中で、
一部プレオープンしているようでした。(2014年完成予定)
c0110871_13225327.jpg

c0110871_13231344.jpg

山の中腹には巨大な大仏が、
c0110871_13234911.jpg

c0110871_13243243.jpg

頂上には洋風のお城のようなテーマパークやホテル。
c0110871_13245722.jpg

全くなじまない光景が共存していますが、、、
きっと家族で遊べる施設に需要があるのでしょう。
ちょうどベトナムも連休中で、しかも日曜日だったせいか
家族連れで大賑わいでした。


ダナン市内に戻り、レストランで夕食をいただいた後空港へ。
再びベトナム航空でハノイ経由で成田へ。


ダナン空港でハノイ行きの便に搭乗する際に目撃した、
たぶんイタリアチームだと思われる花火
c0110871_13295090.jpg

なお、今回の優勝はイタリアだったそうですよ!

機内の朝食は和食をチョイス。
c0110871_13304178.jpg

ほっとできるお味でした!


日本ではあまり注目度が高くないベトナム中部ですが、
ダナンのビーチリゾートやホイアンの古い町並みなどで
のんびりしてエネルギーをチャージ。
それからホーチミンorハノイで素敵な雑貨をがっつりショッピング。
こんな旅はいかがでしょうか?

ショッピングだけでは物足りない。
人やバイクが溢れかえっているホーチミン・ハノイにいきなり行ったら
なんだかかえって疲れてしまいそう。

そんな方にベトナム中部とホーチミンorハノイを組み合わせた旅を
おすすめします!!!
[PR]

by W_A_S | 2012-06-07 15:00 | 海外旅行  

ダナン・ホイアンで 雑貨だけじゃない!ベトナム体験 その3

ベトナム中部 ダナン・ホイアンの視察旅行の
2日目後半(2012年4月29日)です。

午後はゴルフ場見学。
ゴルフは全くやったことがないので、
ゴルフ場には初めて足を踏み入れました!

ホイアンとダナンの間にはMONTGOMERIE LINKSとDANANG GOLF CLUBの
2つのゴルフ場があります。
コリン・モンゴメリ監修のモンゴメリリンクスは
c0110871_1532626.jpg

c0110871_15334156.jpg

とてもきれいに整備されていて、いいスコアを狙いたい方や
敷地内にヴィラもあるので朝から晩まで徹底的にゴルフ漬けにしたい方におすすめ。
会議や宴会ができる部屋
c0110871_15345069.jpg

c0110871_15345833.jpg

キャディーさんの三角帽がベトナムらしいですね。
c0110871_1535629.jpg



一方、グレッグ・ノーマン監修のダナンゴルフクラブの方は
c0110871_15372059.jpg

自然を残してあるので、難易度が高め。
腕を磨きたい方はダナンゴルフクラブを選択するといいようですよ。
こちらでは一部のホールで海を見ながらのプレーも可能!
c0110871_15382011.jpg

さらに18ホールを新規で造成中とのこと。
おしゃれなクラブハウス
c0110871_15373483.jpg



そしてゴルフ場の後はマーブルマウンテン(五行山)です。
その名の通り、大理石でできた小山が5つ点在していて
その中で一番大きな山の上にお寺や塔が建てられています。
c0110871_15405441.jpg

c0110871_15442068.jpg

c0110871_15414630.jpg

塔の入口にはドラゴン
c0110871_15483714.jpg


入場料は15000ドン(約60円)、エレベーターは片道15000ドン。
階段で登れば往路は約157段。復路は132段。
段数としては大したことありませんが、
一段一段に高さがあるため結構キツそうです。
エレベーターをおすすめします。

塔の奥にはお寺があります。
c0110871_15461333.jpg

c0110871_15463371.jpg

中国風のデザイン
c0110871_15492966.jpg

c0110871_1549376.jpg

c0110871_15504676.jpg

c0110871_15522041.jpg

山の麓のお店には庭に置くような巨大な彫刻やらすり鉢やら
大小さまざまな大理石製品が並んでいてちょっと楽しめますよ。


2日目のお宿は
HYATT REGENCY DANANG RESORT AND SPAです!
フロント
c0110871_1553941.jpg

宿泊棟
c0110871_1553451.jpg

お部屋
c0110871_15542383.jpg

c0110871_15555145.jpg

アメニティもたくさん
c0110871_1646386.jpg

シャワーブース
c0110871_15561293.jpg

スクリーン上のブラインド(厚地と薄地の2種)があるので、
それをおろせば外から見えませんよ!

ベランダにはくつろげるソファや椅子が!
c0110871_1644859.jpg

c0110871_1644206.jpg

プールも海も見渡せます♪
c0110871_1645267.jpg

さすがに隅々まで綺麗で、超快適!!!
ホテルでウォークインクローゼットを見たのは初めてのような気がします。
c0110871_1649697.jpg

しかも広いっ♪

ちなみに敷地は相当広いようで
遠くの部屋をあてがわれた場合はカートでの移動が必要となります。
私は運良くフロントのすぐ近くのお部屋で、朝食会場も近くて便利でした!

翌朝の様子
c0110871_16514546.jpg

c0110871_165211100.jpg

c0110871_16532224.jpg

c0110871_16534666.jpg



夕飯は街中のレストランで。
c0110871_16545849.jpg

またもや登場、揚げ魚くん。
今回は見事に立ててありました!
c0110871_16552445.jpg

c0110871_1656590.jpg

c0110871_16562643.jpg

そのほかはエビや貝、イカ、空芯菜などの炒めものなど。
空芯菜は何度食べてもおいしいですね。


そしていよいよメインイベントへ!!
c0110871_1775528.jpg

『INTERNATIONAL FIRE WORKS COMPETITION DANANG 2012』
今年で5年目を迎えるこの花火大会は、
色とりどりの灯篭が優雅に漂うハン川沿いで
4/29-30の2日間で行われました。

4/29はカナダ・ベトナム・中国の3チームが、
4/30はフランス・イタリアの2チームが
それぞれ20分ほどのパフォーマンスを行い、得点を競います。
ベトナムを除く4チームはこれまでの大会で優勝しています。
日本が入っていないのが残念ですね。
 詳しくはこちら⇒ http://jp.fireworks.danang.vn/difc/9/difc.html

c0110871_1765847.jpg

c0110871_17102995.jpg

お客さんでギッシリ。
このスタンドの一番上に席を用意してもらえました。


花火だけではつまらないということなのか、
花火の前に歌やダンスのパフォーマンスが延々と・・・
c0110871_1784560.jpg

c0110871_17135564.jpg

8時前ぐらいに到着し、1時間半ほど花火を待つのは大変でしたが、
現地の方々は席取りのためになんと午後3時くらいから待ち続けているのだとか。。
たくさんの灯篭が流れてきてきれいでした
c0110871_17154016.jpg


花火を待つ間も続々と入場してくるお客さんたち
c0110871_179502.jpg

川沿いのビルも花火を観ようという人々で溢れ返っていました。
それだけ皆さんが待ちに待ったイベントなのでしょうね。

花火はカナダとベトナムの2チームだけ見ましたが、
場所がよかったせいか花火がぐぐっと迫ってくるように見えて
とても楽しめました!!

ただ、、花火を撮るのは難しいですね。。。
手持ちなのでブレる上に、シャッターのタイミングがことごとく遅く、
なおかつ風下だったので花火の煙でせっかくの花火が隠れてしまって
美しくない写真ばかりになってしまいました。。
というわけで、花火の美しさを全く表現できていない写真をどうぞ・・・
c0110871_17254456.jpg

c0110871_17264847.jpg

c0110871_17313616.jpg

帰り際、川から離れたところからも花火が見えました。
c0110871_17284527.jpg

特設スタンドから見たほうが格別ですが、
通りがかりにちょっと眺めてみるのもいいですね。
[PR]

by W_A_S | 2012-05-31 16:00 | 海外旅行  

ダナン・ホイアンで 雑貨だけじゃない!ベトナム体験 その2

今回は、ベトナム中部のダナン・ホイアンの視察旅行の
2日目前半です。


2日目(2012年4月29日)

ホテルで朝食をいただきました。
c0110871_11415671.jpg

絶対食べたかったフォーを食べられて一安心。

朝からしっかり暑いので多くの方がプールに入っていました。
逆に昼間は日差しが強すぎるからか
それとも街中に繰り出すせいか
誰も入っていなかったのが印象的。
所変われば、ですね。

朝食後、ホテルの部屋に置いてあったサンダルのまま
歩いて2分ほどのビーチへ。
c0110871_1352741.jpg

c0110871_1355792.jpg

c0110871_1362652.jpg

c0110871_1371340.jpg

c0110871_1375529.jpg

砂は真っ白というわけではありませんが、
砂も水もきれいで、まっすぐな海岸線がばぁーっと続いているので
とても気持ちいいですよ。


本日はまずホイアン市内観光からスタートです♪
c0110871_1391245.jpg


ホイアンといえば、その1:日本橋!
c0110871_13102073.jpg

正式には「来遠橋」という名前になりますが、
貿易のために住んでいた日本人や中国人の街を
つないでいたそうです。
日本の技術が活かされているとか。
台風が来ると橋の上まで水位が上がることもあるそうです。

橋の入口
c0110871_1312740.jpg

橋の両サイドは犬と猿で守られています。
犬猿の仲、と日本では言いますがベトナムではうまくいくのかも?
c0110871_1312597.jpg

中央にある祠
c0110871_13141077.jpg

c0110871_13155369.jpg

この日は乾季で水位が低いので川のお掃除中でした。
c0110871_13162171.jpg



ホイアンといえばその2:ランタン!
c0110871_1319010.jpg

c0110871_13192685.jpg

様々なデザインのランタンやベトナムならではの雑貨、
オーダーメードもOKな服屋さんなどが、昔ながらの街並みの中に
次から次へと連なっています。
c0110871_13221055.jpg

特にランタンはホイアン名物。
そのカラフルな色合いを眺め歩けば、ワクワクしてくること間違いなし!!

さらにこじんまりとしていておしゃれで
ほっこりできそうなカフェも多数。
c0110871_13211590.jpg

個人旅行で訪れて、街の探索の合間に好きなだけボーっとしてみたいものです。
c0110871_13262630.jpg

お花もきれい♪
強烈な日差しの中、お花を見ると爽やかな気持ちになれますね。


お次は貿易陶磁博物館。
c0110871_13275439.jpg

とてもこじんまりとした博物館ですが、
ホイアンを経由した様々な陶磁器が展示されています。
日本の陶磁器も展示されていました。
またベトナムの伝統的な建物の様式などを垣間見ることができます。
昔は間口の幅で建物にかかる税金が決まっていたので
間口はせまく、奥行きは広く(中庭もあり)なっています。
c0110871_13283412.jpg

そして入口は行ってすぐの一間は、洪水で浸水しそうな時に
1階の商品を手早く2階に上げられるように吹き抜けになっていて
滑車も設置されていました。

中庭の壁の装飾。
c0110871_1329395.jpg

建物の正面はどこも同じような構えになっていますが、
こういうところでそれぞれのお家の個性を出していたのかもしれませんね。


そして福建会館。
c0110871_13292949.jpg

こちも右から読んで、館会建福!
c0110871_13294758.jpg


このピンクのお花は、プルメリア。
c0110871_13303430.jpg

普通は白くてとてもいい香りがしますが、
こちらは人工的に作られたものなので、香りはしないそうです。

福建省出身の中国人のための集会場として使われていたそうで、
奥は金山寺というお寺になっています。
c0110871_13312789.jpg

盆栽?
c0110871_13315611.jpg

c0110871_13323827.jpg


お寺の中の様子
c0110871_13333085.jpg

c0110871_13345152.jpg

赤いぐるぐる巻きのものはお線香。
c0110871_1334389.jpg

2ヶ月近くも煙を出し続けるのだそうです。
中にぶら下がっている黄色い札にはお願い事がたくさん書かれています。
2ヶ月も線香をあげつづければ一つくらいは叶いそうですね!

おじさんにお金を払えば
お願い事を書いてもらえます。
c0110871_13352426.jpg

ちょうど点火中。
c0110871_1336188.jpg



まだまだ街中をじっくり見て歩きたいところですが、
次は川に移動してクルーズです。
c0110871_13412046.jpg

本来は8:30~13:30の4時間で楽しむ、
FISHERMEN&THE WATERWAYSというツアー(ランチつき)ですが、
今回は体験版なので、ランチ無しで90分ぐらいに短縮。
川面を渡る風が涼しく、暑さをしのげます。

まずは漁民の方が網を投げて魚を取る様を観察。
投げる前に手元で網を細かく畳んで、
勢いを付けてばぁっと投げるときれいに円錐状に広がっていました。
c0110871_13422657.jpg

c0110871_13435942.jpg

こんなお魚が捕れます。
c0110871_13425371.jpg

小舟に乗り込みやらせてもらいましたが、
きれいに大きく広がるように投げるのは
なかなか難しいことなんですね。。

次に竹で編まれたボートにチャレンジ!
c0110871_13524029.jpg

すぐにひっくり返ってしまいそうで怖そうでしたが、
せっかくのチャンスに乗らないわけにはいかない!
c0110871_13454063.jpg

ということで乗ってみると、意外と安定していました。
我々を楽しませるためにわざと揺らしたり、回転させたりするのですが、
それでも大丈夫。
また竹の隙間は粘土か何かで埋められているので
水が浸入してくることもなし。

但しこの丸船を前に進ませるのは至難の業。
回転させることはできても全く前には進まない!
もちろん現地の方がやるとぐいぐい進むのですが・・・

この船で川の細い水路を進んでいくと
モーター音がないので静かでゆったりできますよ!

なおこのような水路の奥に昔ベトコンが米軍から身を隠すために
潜んでいたというようなこともツアーのガイドさんが
聞き取りやすい英語で説明してくださいます。

また葉っぱでこんなものも↓ぱぱっと作ってもらえます。
めがね
c0110871_13471130.jpg

バッタ
c0110871_134743100.jpg

腕の部分を上下に動かせる人形?のようなもの
c0110871_13484057.jpg

意外とその動きが癒し系。

川でクルーズ、といえばただ何となくボーッと眺めて終わり、
かと思っていましたが、クルーズ全体がアトラクションのようで
次々と楽しませてもらえるので飽きること無し!!
ぜひ参加してみてくださいね!
※但し雨天、あるいは風が強い場合は中止となります。

 ~~詳しくはこちら~~
  HOI AN ECO-TOUR Co.,Ltd.
  http://hoianecotour.com.vn/ 
    ⇒BROCHUREをクリックすると様々なツアーの概要を
    ご確認いただけます。
  (※画面の表示に時間がかかる場合があります。)


メインイベントを含む2日目後半はまた次回!
[PR]

by W_A_S | 2012-05-24 16:00 | 海外旅行  

ダナン・ホイアンで 雑貨だけじゃない!ベトナム体験 その1

久々に旅行記復活です!

ゴールデンウィーク初日の4/28(土)から
2泊4日(短いっ!)でベトナム中部のダナンとホイアンに
視察旅行に行ってきました!
これから数回に分けてそのときの様子をお届けします。

【利用航空会社】ベトナム航空

【旅程】
4/28 成田10:30⇒ハノイ14:15
    ハノイ16:25⇒ダナン17:40

4/30 ダナン21:35⇒ハノイ22:45
5/01 ハノイ00:20⇒成田07:35


今年のゴールデンウィークは祝日の並び方が良かったので
きっと空港は激混みに違いない!と思っていましたが、
朝早かったせいかあんまり混雑していませんでした。

但し視察旅行という特殊な?立場のためか
チェックインに時間がかかりました。
こんな一番のピークに本当に搭乗できるのだろうか・・・
と若干不安に駆られつつも、
暇なので周りのお客さんを観察しながら待っていると、
ちょっと気になることが。

ベトナム航空でヤンゴンに行く中高年の方が多い!
ベトナム航空でベトナム中部を訪れる方はあんまり多くない?!

ヤンゴン、人気みたいですね。
パゴダとか確かに見てみたいものです。
ヤンゴンに行くにはベトナム航空やタイ航空を利用すると
往復共に乗継が良いのでおすすめです。

さて、ベトナム中部。
まずはホーチミンとかハノイを訪れて数日過ごし、
その後ベトナム中部に移動するという方もいらっしゃったかもしれませんが、
最初の目的地が中部という方はあまり見当たらないようでした。

かくいう私自身もホーチミン・ハノイには行ったことがあるものの、
中部は今回が初めて。

雑貨を見るのが好きで、なおかつパクチー(香菜)も大好きなので
またベトナムに行きたいなぁ、と以前から思いつつも
ホーチミンだけorハノイだけorホーチミン&ハノイ
という3パターンの旅はやはり一度訪れていることもあって
いまいちピンとこない状態。

ベトナム中部も雑貨を見るだけならホーチミンかハノイで
十分だろうからわざわざ行くのもちょっと面倒。
ベトナムの遺跡も気になるけどアンコールワットとか既に行っているし・・・
というわけでやっぱりベトナム中部を含めて考えても
どうも「よし!行こう!!」とはならず。。

そんな中、今回やっと久々にベトナムを訪問することができました!

機内食のメニューとおかき
c0110871_10582318.jpg


メニューは和食と洋食の2種類が用意されていました。
c0110871_10584750.jpg


私は洋食を選択
c0110871_11044.jpg

rockfishとはメバルのことのようです。

お隣の方は和食をチョイス。
人形焼が出てくるなんて珍しいですよね。
c0110871_1102697.jpg


約5時間45分のフライトの後、ベトナムの首都ハノイに到着。
c0110871_1105160.jpg


うれしいことに入国カードは必要なし!
入国審査ではパスポート・Eチケット・ハノイまでの搭乗券半券を
見せればOKです。

10年ほど前に訪れたときはびっくりするほど
なーんにもない空港でしたが、今ではお店などがいろいろある
活気のある空港になっていました。
c0110871_1175423.jpg


一旦荷物を受け取って
国内線のチェックインは別途行います。
成田でもし液体のものを買った場合、
未開封でもこの時にスーツケースの中に入れてしまいましょう。
c0110871_1183041.jpg


ダナンに夕方到着。
c0110871_119013.jpg

とても綺麗な空港でした。
c0110871_1194733.jpg


まずは夕食。
こちらのレストランでいただきました。
c0110871_11101792.jpg


牡蠣やお魚のフライ(鯛?)やご飯、豚肉を炒めたもの、
岩のりみないなものがたっぷり入ったスープ、空芯菜炒め、
イカとかエビ、デザートはパイナップルという豪勢なお食事。
どれもやさしいお味でお腹いっぱいになりました。
c0110871_11113034.jpg

c0110871_11121254.jpg

c0110871_11122419.jpg
c0110871_11124480.jpg
c0110871_11125819.jpg


食後は車でホイアンのホテルまで移動。

本日の宿泊先は RIVER BEACH Resort&Residencesでございます。
ホテル入口
c0110871_11151352.jpg

ロビーの様子
c0110871_11154085.jpg


お部屋
c0110871_11163483.jpg

c0110871_11164782.jpg

c0110871_1117599.jpg

c0110871_11171573.jpg

バスタブ付きだったものの、この帯状のカーテンの隙間が
気になり落ち着いて入れなかったのが残念。

ざっと荷物整理後、街中のマッサージ屋へ!
全身オイルマッサージ60分がたったのUS$20!!
安いですよね~♪

RIVER BEACHホテルは海のすぐ近くで
街中からは離れてしまっているのでタクシーを使いましたが、
タクシー代なんて安いものです。

ホテルで高いマッサージを受けるよりは
どんどん街中に行ってしまいましょう!
[PR]

by W_A_S | 2012-05-17 15:15 | 海外旅行  

旅な一枚 -74~83枚目-

パリといえば、エッフェル塔。

このエッフェル塔、歩いて昇れることをご存知ですか?

徒歩の場合は、行列に並んでじっと待ち、
ぎゅうぎゅうづめのエレベーターに詰め込まれる必要がありません!
もちろん料金もエレベーターを使うよりも安く、
少しずつ変わっていく景色を自分のペースで楽しむことができます。

夕方のエッフェル塔
c0110871_135194.jpg

3階









2階





1階






地上

地上⇒1階までは360段、1階⇒2階は700段あります。
(もし歩いて昇る場合は、段数のことは
知らない方がいいかもしれませんね。)
2階⇒3階はエレベーターのみで、この日は残念ながら
工事のためクローズしていました。
c0110871_1312156.jpg

塔の脚のひとつ。
近くでよく見てみると実はおしゃれです。

またもやゼエゼエ言いながら昇って1階に到着。
c0110871_13193687.jpg

地上の人々がだいぶ小さくなりました。

1階も一部工事中でした。
c0110871_13204374.jpg


と思ったら、人形でした!

1階で景色を堪能した後は
さらに2階を目指します。

1階⇒2階の段数はこのときは知らずに昇りましたが、
さすがに長い道のりです。
でもひんやりした風を感じつつ、適当に途中休憩しながら
昇っていくととても気持ちいいですよ!
途中様々な人とすれ違いましたが、
昇っている人は老いも若きも国籍も関係なく、みんな息が上がっていて
何だかおもしろいものです。

2階からの眺め
c0110871_13334975.jpg

建物のデザインに統一感があり、美しい街並みですね。
2階から3階を見上げてみるとこんな感じ
c0110871_13355990.jpg

3階まで行けなかったのがとても残念。
3階はたまにクローズしているようなので、特にオフシーズンに行かれる際は
事前にネット等で調べておいたほうが良さそうです。

2階部分は2層になっているのでぐるぐる回っていたら
だんだん暗くなっていき、街に明かりが灯り始めました。
c0110871_13395147.jpg

凱旋門もライトアップ!
c0110871_1339585.jpg


さらに暗くなると・・・
c0110871_13405369.jpg

気がつけばエッフェル塔もライトアップしていました。
c0110871_1341135.jpg


というわけで、エッフェル塔に昇るなら早めの夕方がおすすめ!
街の明かりが灯り始める前に昇り、
まずはまだ明るい状態で景色を味わい、
さらにじわじわと暮れなずむ空と街並みを堪能すると
2倍楽しめたような気分!!
是非試してみて下さいね♪

但し、歩いて昇るとさすがにかなり筋肉を使います。
次の日にひどい筋肉痛におそわれないように
足のマッサージはお忘れなく!


ちなみに東京タワーには徒歩で昇ったことはありませんが、
600段あるそうです。楽勝ですね?!



ツアーで効率よくメジャーなスポットを見て回る
一つの街にじっくり滞在して自分で歩いて見て回る
一つの街での滞在時間を短くして多くの街を見て回る

いろいろな旅の形があり、それぞれ良さがあります。

でも、せっかく時間とお金をかけて行くのであれば、
一つの街をじっくり攻める!
これが断然オススメです☆
[PR]

by W_A_S | 2011-12-08 16:00 | 海外旅行  

旅な一枚 -55~73枚目-

まずは写真を。
さて、ここはどこでしょう???

c0110871_14372435.jpg

c0110871_14375641.jpg
c0110871_1438381.jpg

c0110871_14492296.jpg

c0110871_14385781.jpg


正解は、
c0110871_14393246.jpg

パリの街中にひっそりと佇むモスクでした!!

有料(確か3or5ユーロほど)ですが、回廊と中庭を見れるということで
行ってみました。(お祈りの場所には入れません)
国教がイスラム教という国ではちょっと近づきにくい面もありますが、
カトリックがメインのフランスなら気軽に入れます。

c0110871_14523794.jpg

お見事!!
c0110871_1452487.jpg

c0110871_1453160.jpg

c0110871_14531659.jpg


細かいカラータイルのパーツを並べてデザインするのはモロッコの影響。
本場のモロッコよりは色がシックでさっぱりした印象ですが、
これはこれでパリらしくていいですね!

c0110871_14572338.jpg

柱の彫刻もかなり細かくて素敵です☆
c0110871_1458296.jpg

お墓でしょうか?お花がとても綺麗でした。
c0110871_14583047.jpg


モロカンデザインが好きな方!
モスクに隣接するレストランにも是非行ってみてくださいね!
c0110871_1510034.jpg

アラビア文字のレタリング
まるで読めませんが、美しいです。
c0110871_15101564.jpg

c0110871_15102791.jpg


ザ・モロッコなデザインとお味を堪能できますよ!
野菜の煮込みとクスクス
c0110871_1513591.jpg

たくさんのスパイスが効いていて(辛くはありません!)、とおっってもおいしかったですよ~
日本ではなかなかここまでスパイスがふんだんに使われたものはあまりないので、
パリで味わえるのはとてもうれしいですね!(モロッコはさらに遠いので・・・)

そしてシメはやはりミントティー&スイーツ
c0110871_15154726.jpg

全部食べたいところですが、、、
c0110871_1517109.jpg

大きめのクッキーを選びました。
1個いくらという設定になっていて、好きなものを好きなだけ選べるようになっています。


パリで、パリらしからぬものを楽しむ。
そんな旅もアリです!
[PR]

by W_A_S | 2011-12-01 16:00 | 海外旅行  

旅な一枚 -48~54枚目-

パリで目立つ教会といえば、サクレ・クール聖堂でしょうか。
小高い丘の上にどっしりと建っているのでとても存在感があります。

ここは有酸素運動をしたい方におすすめ!

私は最寄のABBESSES(アベス)という駅から歩きましたが、
まず駅のホームから地上が遠い。。
まさかあんなに階段が続くとは思わなかったので、
人がたくさん待っているエレベーターを使わず
コツコツと階段をのぼっていったところ・・・
行けども行けども改札に辿り着けない。。
(エスカレーターはなし)

エレベーターを待っている人が多い理由にそこで気がつきましたが
今更引き返すワケにもいかず・・・。

さんざんのぼり続けて、
やっと改札に着けた!と喜んでみたものの、
そこから地上の出口までが
また階段、階段。。
日ごろほとんど運動しない私はもう既にヨレヨレ。

しかし、そこはまだ丘の中腹。

頂上を目指すにはまたさらにながーい階段を
のぼるハメになります。
c0110871_16445525.jpg

せっかくなので気合を入れてのぼっていきましょう!
c0110871_16452497.jpg

やっとの思いで頂上に到着してみると、
さすがにいい眺め。パリの街を一望できます。

教会内を見学した後、まだまだのぼります!

このサクレ・クールもドームに上がることができます。
またもやゼエゼエいいながらのぼっていくと・・・
c0110871_16454893.jpg

c0110871_16465582.jpg

地上の人のサイズでドームの高さがなんとなく分かるでしょうか?

c0110871_16474786.jpg

高い丘の上に建つ教会の高いドームから見下ろすと
エッフェル塔が低く見えますね。
残念なお天気でしたが、それでもとても気持ちよかったですよ!!

天気が良かったらさぞかし遠くまで
見えるのでしょうねえ。

ちなみにエッフェル塔からサクレ・クールを見るとこんな感じです(丘の上の建物)↓
c0110871_16521069.jpg


ドームから降りてきて出口から出ると
こんな張り紙が。
c0110871_1649381.jpg

入口と出口が別になっているので、
ココからは入れませんよ~、ということなのでしょう。
なかなかかわいい落書きです♪

というわけで結局、教会内の様子なんて
ほとんど記憶に残っていません(汗)
たくさん、のぼったな~


ちなみに後から気がつきましたが、丘の中腹から頂上まで
モノレールみたいなものがありました。
脚力に自身がない方はこれを利用すれば少し楽できますね。
[PR]

by W_A_S | 2011-11-24 16:00 | 海外旅行