<   2008年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

スタッフ旅行記 ~ストックホルム&コペンハーゲン~

3回に渡ってお送りしているストックホルム&コペンハーゲンの旅行記。
またかよ!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
やっと今回が最後です。
これだけの長編、書くのも結構大変です。。。
というわけでぜひ最後まで読んでみてくださいね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【4日目(12/18)】
食べ過ぎても朝は来ます。
そしてここはデンマーク。
朝食を食べに行くと、サクサクのデニッシュが並んでいるではありませんか。
さすがに本場はおいしいので食べずにはいられません!

さて本日は盛りだくさんなスケジュールです。
まずはアメリエンボー宮殿と有名な人魚の像とフデレリスクボー城を見に行きます。

アメリエンボー宮殿はホテルから歩いてすぐ。
広場を囲むように建っています。
c0110871_14585453.jpg

旗がたなびいているときは女王様がいらっしゃる印。
c0110871_14592325.jpg


ただいま巡回警備中。
c0110871_1459462.jpg


次に有名な人魚の像に行きました。
c0110871_1501822.jpg

人魚の像は海岸にありますが、ちょうど潮が引いていたので
近寄って撮ることができました。
c0110871_1502966.jpg


後姿は・・・・。
c0110871_150399.jpg


ずっと座ってるのも疲れるのよね~、とでも言いたげ。

以前、心無い人によって腕を切られたりしたことがあるようなので
もっと岸から遠いところに移すことも検討されているよう。
みなさん、マナーを守って鑑賞しましょう。

次にフレデリスクボー城に向かいます。
このお城ヘは国鉄でアクセスできます。
ヒレロズという駅から商店街をブラブラしながら向かうと楽しいですよ!

途中で湖越しに美しいお城が見えてきます。
c0110871_1513855.jpg

銅像の頭の上の鳥は
c0110871_1542291.jpg

たまたまとまっていただけでした。

c0110871_155318.jpg

お城正面。
(暗いですが、夕方ではありません。お昼前です。)

さらに近づきます。
c0110871_155307.jpg

正面にあやしげなものが。
c0110871_1555283.jpg

入り口は向こうだ、ということらしいです。

中はあいにくの天気ながら、フラッシュは禁止です。
お城の中の教会。非常に美しいです。
c0110871_1561470.jpg

c0110871_1564140.jpg

パイプオルガン下部の装飾。
c0110871_156538.jpg

この教会には一番ランクの高い勲章、象の勲章が飾られています。
日本の現在の天皇が頂いたものも、飾られていました。
c0110871_1571838.jpg

ちなみにこの教会のガラス窓にはふる~いサイン(落書き)が
書かれていたりするので探してみてくださいね!

この教会のほかに大広間なども見学しましたが、
どれも贅が尽くされていてため息がでます。
特に大広間の天井は天使の腕や足が立体的に作られていて、
手が込んでいました。
でも威圧感はなく、印象としては荘厳かつかわいらしい感じでした。
さすがアンデルセンの国です。


さてお昼はお城のすぐ横にある、Leonora という所でいただきました。
クリスマスですから、またまたクリスマス仕様のランチです。

c0110871_158536.jpg

手前からカレー味などのニシン、オリーブや玉ねぎ・ピクルス・プルーンなどの付け合せ、
そして豚とダックです。また左のかごにはパンとバター・ラード、右にはタラのフライです。

タラのフライはアツアツであっさりしているので
どんどん食べられます。
お肉はプルーンやかぶの酢漬けなどと一緒に食べると味が深まり、おいしいです。
豚肉の料理はフレスケスタイというものですが、皮付きです!
(大きいお皿の右奥にある、オレンジのスライスがのったもの)
デンマーク人は豚肉を隅から隅まで食べるようですが、
皮はちょっと・・・。毛がついているような気がするし・・・。
と思いつつも食べてみたら意外に美味。
かなりカリッカリでかるい塩味が付いているのでボリボリ食べてしまいます。

スーパーなどでフライにした皮だけを袋詰めにしたものが売っていますので、
おつまみによさそうですよ~。

もちろん締めはライスプティング!
パンもおいしいのでつい食事を食べ過ぎてしまうのですが、
甘いものはそれでもいただきます。
私としてはクリスマスシーズン以外も食べたいですね。

でもこちらの方は今の時期しかライスプティングを食べないそうなので、
この時期に行くしかないですね!!


さて重たいお腹をかかえ、コペンハーゲンに戻ります。
c0110871_1591015.jpg

まずはクリスマスマーケットの行われているニューハウンを散策。
こちらもいろいろなものが売られていて楽しめます。
c0110871_1592784.jpg

ニューハウンは運河に沿って色とりどりの家屋が並んでいる綺麗な場所。
ほとんどがレストランになっているので夏場は外で食事をすると
とても気持ちよさそうです!
またキャナルツアーもここから出発しています。

ところで琥珀(こはく)には興味ありますか?
琥珀は中に虫などが入っているほうが価値が高いそうですね。
今回そんなことを勉強できたのが琥珀博物館(Amber Museum)。
お店の2・3階が博物館になっていて、ゴキブリなどが入ったものから
非常に細かい細工を施した家具類などをじっくり見ることができます。

1階のお店に売られているアクセサリーは色やデザインも豊富なので、
琥珀にはそれほど興味がない方もついほしくなってしまうでしょう。

この博物館もニューハウンにあります。

ニューハウンからおしゃれなお店が目白押しのショッピングストリート、
ストロイエまでは歩いてすぐ。
ロイヤルコペンハーゲン本店や家具や雑貨で有名なイルムス・ボーリフス、
ジョージ・ジェンセン、デパートなどがきらびやかに立ち並んでいるので、
じっくり時間をかけて探索したいエリアです。
c0110871_1510573.jpg

c0110871_15102736.jpg


ロイヤルコペンハーゲン本店にはカフェ(THE ROYAL CAFE)もあるので
休息は是非ここで!
でも店内のデザインは非常にかわいく、かつエキセントリック!
それにとってもステキなお皿やカップでサーブしてもらえるので
落ち着いて座っていられないかもしれませんね。
だいたいメニューそのものが遊び心満載で、じっくり眺めていると
何をオーダーするか決めるのに時間がかかってしまいそうです!

今回こちらで頂いたものは、グリュッグとたこ焼きのような形のパンケーキのお菓子。
グリュッグはクリスマスシーズンに飲まれるもので、
赤ワインとアクアビット(じゃがいもの蒸留酒。スナップスともいいます。)
にシナモンや八角などのスパイスや、スライスアーモンド・レーズン
などをあわせたもので、スプーンでレーズンなどを食べながら飲みます。
c0110871_15113656.jpg

実はわたくし、お酒が飲めません。。
でもせっかくなのでチャレンジです!
スパイスやらアーモンドやレーズンなどがたくさん入っているので
飲むのではなく、食べるのであればお酒の効いたお菓子のようで
なかなかおいしいですよ!
でも飲むとなると、下戸にはやはり厳しいものがあります。
アルコール度数は結構高いようで、30~40はあるのではないでしょうか?

お菓子はふわふわのパンケーキにジャムや
粉砂糖を好きなようにつけて食べます。
これは甘さもちょうど良く、いくらでも食べられますね!

ちなみにメニューには
 Little ball pancakes with a surprise in the middle!
と書かれています。
どんなサプライズかは...ヒミツです☆

08年夏ごろに東京にもROYAL CAFEがオープンするそうなので、
このお菓子がメニューに入ることを祈りましょう。

そして体がふわふわしてきたところで、
エッグペインティング体験です。

これは卵の殻にロイヤルコペンハーゲン的な
絵柄を描いてみましょう、というものです。

なぜに卵の殻か?
それは上薬などを塗る前の陶磁器は、ちょうど卵の殻のような
質感をしているからだそうです。

つまり意外とでこぼこしているんです。
その細かなでこぼこ、しかも曲面上にブルーフルーテッドを
お手本を見ながら描くのです

が、アルコールのせいで手に力が入りません。
絵心もありません。
もう帰りたいよ~、と内心思ってしまいましたが
絵が好きな方にはきっと楽しい体験だと思いますよ!
c0110871_15123525.jpg

とにかく絵付けがいかに難しいか、これだけは
よーくわかります。

そしてこの時期話題になるのが、ロイヤルコペンハーゲンの
クリスマスのテーブルセッティング。
今年はどんなデザインなんだろう?と皆さんが注目するんだそうです。
c0110871_15135193.jpg

c0110871_15141256.jpg

c0110871_1514324.jpg

c0110871_1514424.jpg

c0110871_15145025.jpg


また、吹き抜けにはおしゃれなライトがありました。
これは全部陶磁器でできているそうです。
c0110871_15151174.jpg

地下にはアウトレットもあるので、掘り出し物を探してみるのも
楽しそうですよ!



【5日目(12/19)】
さて本日ついに最終日。
午後コペンハーゲンを発たねばなりません。

本日の訪問先は船。
c0110871_15185992.jpg

DFDSシーウェイズという船会社が、コペンハーゲン-オスロ間に
豪華客船を運行しています。
毎日17時ごろにコペンハーゲンとオスロを出発し、
翌日9:30ごろにそれぞれ目的地に到着。

毎日運行しているので旅のスケジュールに組み込みやすいのでは
ないでしょうか?
c0110871_15194869.jpg

船内には映画館や免税店、レストラン・カフェ・スポーツジム・会議室
などなどが揃っているので、思い思いに過せます。
豪華なお部屋には大きなベッドだけでなく、ミーティングができる
スペースまであったりします。
c0110871_1520683.jpg

c0110871_15202025.jpg

c0110871_15203839.jpg

でも4人部屋でも十分楽しく過せそうでした!
しかも12/25や12/31には船内でパーティが開かれたりもするそうです。
c0110871_15223321.jpg

また船内のレストランで結婚パーティをやったり、移動時間を使って
会議を行ったりといったこともできるようなので、人気の路線です。
是非ご予約はお早めに~!


というわけで今回のストックホルムとコペンハーゲンの視察は
駆け足で終了。あっという間でした。

じっくりショッピングしたりやカフェでケーキを堪能したりということは
あまり出来なかったので、また是非行きたいですね!!!

最後に注意事項をひとつ。
冬場は寒さのためデジカメのバッテリーが
あっという間になくなります。
写真をバンバン撮りたい方は、予備を持っていくといいかもしれませんね。

みなさんもぜひぜひ北欧にいらしてみてくださ~い!!
[PR]

by W_A_S | 2008-03-13 21:07 | 海外旅行  

スタッフ旅行記 ~ストックホルム&コペンハーゲン~

だんだん暖かくなってきましたね~。

前回に引き続き、昨年12月に訪れた、ストックホルム&コペンハーゲンの
模様をお送りいたします。
あの寒さが今となっては懐かしいですね~。


【3日目(12/17)】
まずはすぐ近くにあるNORDIC LIGHT HOTELを視察。
文字通り光にこだわった斬新なデザインのホテルです。
エントランスからして違います。
c0110871_1583313.jpg

c0110871_159356.jpg


またデラックスムードルームというお部屋は
ベッドの脇についているボタンで様々なライティングができるんです。
c0110871_159223.jpg

ムーディーですねえ!

でも同じ部屋の机と椅子はこんな感じです。
c0110871_1593986.jpg

こちらは現実的です。

そして中央駅から地下鉄でまずは王立公園を目指します。
地下鉄もデザインにこだわっていて、洞窟のような削りっぱなしの壁に
直接ペイントしてあるところもあったりします。
写真をお見せしたいところですが、著作権の問題で掲載できないので
実際に行って見てみてください!

王立公園のツリーと私の影。
c0110871_15121993.jpg

時刻は朝9:30頃。
やっと日が昇ってきたところで、こんなに長い影ができます。

王立公園にある無料のスケート場。
c0110871_152686.jpg

小学生~高校生がやってきて体育の授業で滑っていました。

そしてバスで今度は王宮&旧市街ガムラ・スタンに向かいます。
王宮と衛兵さん。
c0110871_15264119.jpg

晴れていても、日差しに暖かさは感じられません。
日陰にいる衛兵さんは特に大変です。

本日は月曜日のため、休館日。
外観だけで切り上げ、ガムラ・スタンへ。
c0110871_15284546.jpg

街角にはクリスマスカード“専用”のポストがあります。
c0110871_1513182.jpg

このポストは普段はどこかにしまってあるそうです。
専用というのはすごいですよね!

それでは街並みの写真をいくつかどうぞ。
c0110871_15291120.jpg

c0110871_15291992.jpg

c0110871_15294820.jpg

c0110871_1530096.jpg


クリスマスマーケットは大広場(そんなに広くありませんが)で行われています。
この広場にはノーベル博物館がありますが、月曜日はお休みです。
子供たちが学校の授業で来ているのか、大賑わい!
c0110871_15301625.jpg

c0110871_15304636.jpg

c0110871_15305344.jpg

こんなにかわいいものも売られています!!
c0110871_15311178.jpg

(ピントが合ってませんが、赤い三角帽子はサンタさんです。
お皿やカップの端に乗せることができます。)

またこの広場に面したところ(ノーベル博物館に向かって左側)に
RUNSTENEN(ルンステネン)というお店があります。
このお店にはスウェーデンのダーラナ地方に伝わり、幸福を運んでくれるという
木彫りの馬に彩色したダーラヘスト(ダーラナホース)の博物館があります。
お店の方が集めた骨董品のダーラヘストもあるので必見です!
ダーラヘストはすべて手作業で作られるので、全てが一点もの。
それなりのお値段はしてしまいますが、色・サイズ・デザインが豊富で
つい欲しくなってしまいます。
思い切って自分へのお土産に大きいものを買ってみるのもいいですし、
キーホルダーやアクセサリーなどもあるので、友達へのお土産にもおすすめです。
実はここは日本円&日本語が使えるのです!
スウェーデンクローナと日本円をミックスして支払うこともできるので助かります。

さて昼食は Cellar Movitz というレストランでいただきました。
このお店は日本料理の『将軍』というお店と同じ通り沿いにあります。
お店は地下なのでちょっと洞窟のようです。
c0110871_15313815.jpg

わたしはタラにロブスターソースをかけたものを選びました。
c0110871_1532458.jpg

横の丸いかたまりはゆでたじゃがいもです。
さっぱりしたタラにコクのあるソースがかかっていて美味です!!
じゃがいもはほぼ毎食登場。おいしいですねえ。
他にはスウェーデンのソーセージ料理やウィーン風カツレツなどもありました。

スウェーデンの観光はここまで。
夕方のフライトでコペンハーゲンに向かうので
そろそろホテルに戻らねばなりません。
地下鉄のガムラ・スタン駅から中央駅に戻り、また
アーランダエクスプレスでストックホルムのアーランダ空港に向かいます。
ホテルが中央駅に近いと大きい荷物を持ってウロウロしなくていいので
やっぱり便利ですね。

アーランダエクスプレス車内から撮った写真。
c0110871_15222685.jpg

空港到着直前の風景。
樹氷になっています。。
空港周辺は市内よりも寒いようです。
あっという間のストックホルム観光だったため、非常に名残惜しいのですが、
コペンハーゲンに期待して、また1時間ちょっとのフライトです!

コペンハーゲン・カストラップ空港から市内中心部のKongens Nytorv
(コンゲンス・ニュートウ)駅までは昨年地下鉄が開通したため、
約15分でアクセスできます。近いですねえ!

コンゲンス・ニュートウ駅周辺にはニューハウンやストロイエがあり
観光や食事・ショッピングにうってつけ。
c0110871_15334215.jpg

  (夜のコンゲンス・ニュートウ広場)
チボリ公園は中央駅の近くにありますが、行動の拠点は
コンゲンス・ニュートウ周辺に置いたほうが観光には便利でしょう。

料金はゾーン制になっています。
お城や美術館など一つ一つにじっくり時間をかけるのではなく、
サクサクたくさん見て回りたい方はコペンハーゲンカード(24時間用or72時間用)
を購入されたほうがいいかもしれません。
このカードがあれば、有効期間内は国鉄(エストー)・地下鉄・市バスに乗り放題、
メジャーな観光ポイントは入場料がタダあるいは割引になります。
コペンハーゲンカードは空港のインフォメーションでも買えるので
先に買ってしまえばその後の移動がラクになります。

あるいは国鉄(エストー)・地下鉄・市バスに共通で使える回数券等もあるので、
どれがお得かを旅のプランに照らし合わせてあらかじめ
ざっくり計算しておくと良さそうです。

コペンハーゲンではアドミラルホテルに泊まりました。
こちらは以前穀物倉庫だったところを改装してホテルにしています。
運河沿いにあり、部屋の窓からはライトアップしたオペラハウスが見えます。
また館内には昔の船の大きい模型がたくさん飾ってあり、ステキな雰囲気!
ホテルの廊下もこんな感じになっています。
c0110871_15371456.jpg

お部屋はこんな感じ。バスタブも付いてます。
c0110871_15374518.jpg


c0110871_15414320.jpg

 (チボリ公園 メインゲート)
荷物を置いてチボリ公園という遊園地のある中央駅に電車で向かいます。
こちらのクリスマスマーケットも有名です。
中央駅から近い入り口はメインゲートではありませんが、まずはそこから入場。

入ってすぐびっくりです!!!
c0110871_15393530.jpg

フツーにおとぎの世界のような空間がそこにあり、
大人も子供も純粋に楽しんでいました。
あえてレトロに作りました的な雰囲気は皆無です!

子供へのクリスマスプレゼントを買うのでしょうか。
皆さん真剣にお店をのぞいていました。

メインゲートのあたりにはクリスマスシーズン限定のお店が
軒を連ねていますが、このあたりのお店は年中楽しめますので
ぜひふらっと立ち寄っていただきたいですね~
c0110871_15404081.jpg

さらに進んで行くと、メリーゴーランドの前には大きなツリーと
大きなハートのオブジェをいっぱい付けた木が並んでました。
デンマークの国旗は赤いハートに白いラインを入れて表現されることが
よくあるので、デンマークの人にとってハートのデザインはお馴染みなようです。

その後クリスマスマーケットもササッとのぞいて、夕飯も
公園内のレストラン Fargekroen でいただきました。
こちらでもクリスマスディナーをコースでいただけます。
コースのデザートはライスプティングでした♪
今回何度か食べる機会がありましたが、ここのライスプティングが
一番おいしかったです!
c0110871_1544487.jpg

ライスプティングはクリスマスシーズンにしかお目にかかれないお菓子で、
お米と甘さ控えめの生クリーム、たくさんのスライスアーモンドが入っています。
(運良く粒アーモンドに出会えればプレゼントがもらえるかも?)
その上にベリー系の甘酸っぱいソースをたくさんかけて食べるのですが、
程よい甘さと酸味、そしてアーモンドの香ばしさと食感が絶妙なんです!!

甘いものは別腹ですよね~。

甘いものといえば、周りをキャラメリゼしたようなジャガイモが
お肉の付け合せに出てきました。
これもまた程よい甘さで、他の料理にも意外とすんなり合うんです!

料理のボリュームは基本的にかなり多めですが、
味付けはシンプルなものが多いので日本人の口に合うと思いますよ。

本日もまたついつい食べ過ぎです。。


またしても次回につづく!
[PR]

by W_A_S | 2008-03-06 19:15 | 海外旅行