<   2010年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

旅な一枚 -17~18枚目-

今日はちょっと涼しい東京地方ですが、
また週末以降は猛暑になりそうです。。。
水分とナトリウムの補給をちゃんと意識しておきたいものですね

さて今回はまたタヒチの海の写真をご紹介しましょう。
とはいってもわざわざタヒチまで行かなくても
出会えるものではありますが。

c0110871_15535435.jpg
c0110871_155432.jpg


ネズミフグさんでございます。
フグ系はだいたいどれもかわいいですね♪
おっとりとした顔をしていますが、近づこうとすると
おっとりとした雰囲気はそのままで
あっという間に逃げていってしまいます。
さすがに魚です。


ちなみに沖縄ではネズミフグを食べるそうです。
どんな味なんでしょうか?
やっぱりさっぱりしたお味なんでしょうか?
ちょっと気になります。

ではまた次回!
[PR]

by W_A_S | 2010-07-29 16:07 | 海外旅行  

ジェットスターで体験!ケアンズ その3

溶けてしまいそうな暑さが続きますが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回はケアンズの旅行記最終回です。
ケアンズといえば海と世界最古の熱帯雨林。
鬱蒼と生い茂る熱帯雨林では、森林浴だけではなく
オーストラリアの文化をタップリ体験できるみたいですよ♪

------------------------------------------------------------------------

動物園を後に、次に向かったところはバスで更に30分ほど
のところに位置する、「スカイレール」乗り場へ・・・

ここでは、ケーブルカーに乗車し、総距離7.5㎞の移動となる。
途中何箇所か下車ポイントがあり、熱帯雨林の散策、ケアンズの
大河「バロン川」、そしてその川の拠点となる、「バロンフォールズ」も
見ることができる。

c0110871_13484328.jpg


(ちょうど訪れた時期が乾季ということもあり、滝はあまり流れておらず、
すこし残念でしたが雨季(12~3月)に関しては莫大な水量で迫力満点だそうです・・・)

c0110871_13491427.jpg

c0110871_13492915.jpg


名前にちなんで、この「スカイレール」は地上から約40mのところを
ケーブルカーが走り、飛行機ともまた違いますが空を走る車のような感じでした。
下を見下ろせば、あたり一面に熱帯雨林が広がります。
途中何箇所か降車ポイントがあり、下記のように熱帯雨林を散策することも可能です。
(樹齢千年を超える「カウリの木」もあります。主に南半球オセアニア地方
に分布しています。ニュージーランドに行ったときにもありました。)

c0110871_13494666.jpg

c0110871_1350196.jpg

c0110871_13501854.jpg


1時間半のケーブルカーの移動後、「キュランダ」到着。
そこからまたバスで10分ほど移動し、「レインフォレステーション」へ向かう。
ここには、朝に訪れた、トロピカル動物園と同様に園内にはカンガルー、コアラなど
オーストラリアを代表する動物も含め、アボリジニーの文化体験もできる。
文化体験に関しては、かつて狩りで使用していた、「ブーメラン」投げや、槍投げ体験も可能。

c0110871_13503567.jpg

c0110871_13504421.jpg
 

園内では、第二次世界大戦で実際に使用されていた、「アーミーダック(※水陸両用車)」
に乗り、熱帯雨林の中を探検することができる。探検中は運がよければ、
幸せを呼ぶ「ユリシス」幻の蝶も見ることもできる。(私も偶然見ることができました)
レインフォレステーションで昼食後、すぐに次の目的地「キュランダ鉄道」へ
乗車という予定でしたが、時間があったのでバスで数分のところに位置する、
キュランダの町へ向かいました。町内には、お土産、雑貨そして、
「バタフライサンクチュアリー」などもあり、先ほどのレインフォレステーションで生息している、
「ユリシス」も保護されている。町内で30分ほど、「coffee break」をとった後、
キュランダステーションに向かいました。

15:30~ キュランダ観光列車に乗車。

c0110871_13505951.jpg

c0110871_1351101.jpg


この列車はキュランダ~ケアンズ市内までを結び、途中はバロン渓谷をとおり、
1時間半ほどの列車の旅となります。
テレビ番組の「世界の車窓から」ではこの美しい列車を番組のオープニング
として以前取り上げられました。途中に、先ほどスカイレールの途中
下車ポイントから見ることのできた、「バロンフォールズ」も途中下車駅で一時的に
降りることができ、写真撮影などの時間も設けてくれました。
キュランダ列車の特徴としては、16両編成で列車のクラスは通常のエコノミー
クラス、ゴールドクラス(日本の新幹線のグリーン車のような雰囲気)がある。
途中何箇所か大きなカーブがあり、一番後ろの車両から一番の前の車両まで
見渡せる、絶景もポイントもあります。

c0110871_13512513.jpg


最終日の夜は先住民アボリジニーの「ジャプカイショー」ディナーに参加。
ここでは、アボリジニーの伝統舞踊を観賞しながら、夕食会。
ショーの前には、絵の具のようなもので顔に模様を描かきます。(※フェイスペインティング)
舞踊の中では、オーストラリアの動物を真似てのダンスもあります。
例を挙げると、カンガルーですが、ピョンピョンと跳ねながら踊り、客席側を
向いて、ひょうきんな表情を見せてくれたりして楽しませてくれました。

c0110871_13513770.jpg

c0110871_13514682.jpg

 
ショーはディナーと合わせて、3時間ほどあり現地の伝統文化に浸りながら
楽しむことができました。

今回の旅行は2泊4日の弾丸旅行でしたが、内容がぎっしりしていたので、
本当に有意義な時間でした。オーストラリア旅行は是非「JET★」で!
10月以降の料金も発表済みです!
[PR]

by W_A_S | 2010-07-22 13:20 | 海外旅行  

ジェットスターで体験!ケアンズ その2

今回は前回に引き続きケアンズ研修旅行の旅行記です!

--------------------------------------------------------------------
2日目の朝も太陽は燦燦と輝いていました。

c0110871_1842887.jpg


朝は6時半に起床し、今日は念願のコアラ・カンガルーたちの出会いでした。 
ホテルから30分ほど離れたところに位置する「ケアンズ・トロピカル動物園」へ
向かいました。
朝食会もここの動物園で催し、コアラの側で朝食を楽しみました。
(※コアラとの距離1mほど)
園内はケアンズの気候に合わせた、熱帯雨林を取り入れ、爬虫類、鳥類、
そして下記のようなカンガルーも放し飼いとなっていて、餌付けも可能。

c0110871_1845296.jpg

c0110871_185484.jpg

c0110871_1851359.jpg

c0110871_1852256.jpg

c0110871_1853039.jpg


カンガルーも朝のせいか、皆眠たそうな顔をしていて、おとなしかったような
気がします。(◆注意!ワニは決して放し飼いにされていません(笑) )

c0110871_1854570.jpg

c0110871_1855481.jpg


上記にコアラの写真がありますので、一日の内ほとんど寝ていることが
多く、大半のコアラは30分ほどしか活動をしません。
常にユーカリの葉をむしゃむしゃと食べているか、木にしがみついた
状態で、上記のような写真を見ると本当に器用だなあと思いました。

園内ではコアラとのツーショットや、更に夜にもイベントがあり主に夜行性の
動物のウォンバットなどにも会うこともできます。(※下記がウォンバットです)

c0110871_1861227.jpg

 
実際に当時訪れた際、コアラを抱っこして一緒に写真を撮りましたが、
フアフアでとても愛らしかったです。
また今度来たときも是非、コアラと一緒に写真が撮れたらいいなあと思いました。

コアラと触れ合えるのもオーストラリア国内では限られており、
以前にシドニー旅行時に訪れた動物園にもコアラがいましたが、
ここでは触ることも抱っこすることもできませんでした。
クイーンズランド州と西オーストラリア州、南オーストラリア州のみ許可されています。

前回は海の世界遺産「グレートバリアリーフ」!今回の旅行記は動物盛り沢山!
次回は「スカイレール」に乗って、世界遺産の熱帯雨林散策、
そして、「世界の車窓」でも登場した、「キュランダ鉄道」の旅です! 乞うご期待!
[PR]

by W_A_S | 2010-07-15 18:09 | 海外旅行  

ジェットスターで体験!ケアンズ その1

 蒸し蒸しした日々が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?
 久しぶりの更新となってしまいましたが、、、
 ケアンズの旅行記を何回かに渡ってお送りします!

 行ってきたのは大阪のスタッフ、茅嶌(かやしま)。
 ローコストキャリアとして注目されている、ジェットスターを利用する
 研修旅行に先月参加し、大自然&オージーのグルメを満喫してきました♪

 それでは1回目をどうぞ!!

 -----------------------------------------------------------------------------

 今回、私は今CMでも話題沸騰の「ジェットスター」に乗って、
 南半球に位置する、オーストラリア・ケアンズに行ってきました。

c0110871_1127458.jpg

c0110871_10194318.jpg


 20:25 JQ16便にてケアンズ国際空港に向け、関西空港より離陸。

 翌朝 定刻5:15着予定よりも約30分早くケアンズ国際空港に到着。

 【ジェットスター機内の印象】
 往路に関してはエコノミークラス利用ということでしたが、
 全席革張りシートで比較的他の航空会社と比べ、前との座席間隔も少し広めでした。
 革張りシートの座席は全身を包み込むような感じで、乗り心地も良好でした。
 LCC(ローコストキャリア)の為、機内サービスは基本有料ですが、
 今回の旅行に関しては予め機内サービス付きでの予約をしました。
 決まった時間に、キャビンアテンダントからソフトドリンク及びミールのサービスあり。
 併せて、アメニティーグッズとして、ブランケット・アイマスク・枕・イヤホンは
 すべて持ち帰ることが可能。
 (※但し、イヤホンは一度もらったら、復路利用時にはサービスがない)

c0110871_1020348.jpg

c0110871_10201746.jpg

 (※エコノミークラス機内模様)

 ケアンズ国際空港到着後、シャトルバスにて今回宿泊する「SEBEL HOTEL」
 へ向かいました。

c0110871_1020399.jpg

 (※ホテルロビー付近)
c0110871_10205958.jpg
    
 (※ホテル室内)  
c0110871_10212031.jpg
 
 (※室内からのビュー)

 ホテルへはearly check-inをし、レストランにて朝食。
 朝食後は、ケアンズクルーズ会社が主催する、グレートバリアリーフの
 クルーズツアーへ参加。
c0110871_10214054.jpg


 私が参加したツアーは、「SUN LOVER」が主催するクルージングで、
 ターミナルから朝10:00出航で90分ほどのところに位置する
 MOORE REEF(モアリーフ)へ向かい、船はポンツーン(浮き桟橋)にて停泊。

 到着後はSEAWALKER(※下記参照)、シュノーケリングなど、
 サンゴ礁そして、たくさんの魚たちと戯れることができる、
 人気アクティビティーに参加しました。
 ウェットスーツのほか、ライフジャケット、ゴーグルなども無料でレンタルができ、
 アクティビティーの前には必ず、ブリーフィングがあります。
 日本人スタッフも常駐しているので、英語が不慣れな方でも、安心して参加可能です。
c0110871_1022837.jpg

c0110871_10222468.jpg

c0110871_10224018.jpg

 (※SEAWALKER:ヘルメットをかぶるだけで、顔や髪が濡れることなく安心!
 泳げない方でも、インストラクターが付き添います)
 MOORE REEFでのアクティビティーは~15:30まで自由に楽しめ、
 その後、シティーのクルーズターミナルへ帰港。

 この日の夜は、ケアンズシティー内(SEA VIEW)にある、
 「ダンディーズレストラン」にて食事をしました。
 下記はディナー時で食べた、オーストラリア料理です。
c0110871_10225654.jpg

 【圧巻のオーストラリアビーフ】
c0110871_10231089.jpg
  
  【※バラマンディー(魚)のムニエル】
※バラマンディー:釣り好きの人はご存知かもしれませんが、日本にいるブラックバスに
似た淡水魚。淡白な味で比較的おいしかったです。

次回は、熱帯雨林の中で、カンガルー、コアラとの出会い!
乞うご期待を!
[PR]

by W_A_S | 2010-07-08 16:43 | 海外旅行