<   2010年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

カリブ海・セントマーチン島旅行記(2)

今回も前回に引き続きカリブの旅行記です。
美しいビーチや飛行機のそのものが好きな方にオススメです!

-------------------------------------------------------------------------

時刻は夕方4時頃、マホビーチを後にします。

ビーチのすぐ脇にあるホテル、ソネスタ・マホビーチ リゾート&カジノ で
タクシーをつかまえて、島の北側にある街・マリゴへと向かいました。

セントマーチン島は、山手線の内側よりも少し広いくらいの面積しかない小さな島ですが、
島の南側がオランダ領、北側がフランス領で、2つの国に分断されています。

分断とは言っても、どちらの領内も自由に移動できますので、
タクシーに乗っていてもいつフランス領に入ったのかはまったくわかりません。
(空港やマホビーチは、島の南側・オランダ領になります。)

10~20分くらいタクシーに揺られたでしょうか、
マリゴの港とその後ろにこんもりとした小高い丘、サン・ルイ砦が見えてきました。

c0110871_9231631.jpg

さっそくフェリー乗り場へ行き、アンギラへのチケットを購入します。

c0110871_9233357.jpg
  ↑明るい雰囲気のマリゴの港

実はアンギラはイギリス領の島ですので、ここで出国税等を支払い、
出国手続きを行います。

c0110871_9234211.jpg

出国手続きが済んだら、乗り場に出ます。

セントマーチンのマリゴから、アンギラのブロウイング・ポイントの港までは、
20分ほどで到着です。

c0110871_9235399.jpg
  ↑ちょうど陽が沈みかけていました

c0110871_9241581.jpg
  ↑こちらでアンギラの入国審査を行います

アンギラは、カリブ海でも指折りのきれいなビーチで有名な島で、
キャップ・ジュルカ(CAP JULUCA)など、ハネムーンにオススメの
高級リゾートホテルがいくつもあります。

c0110871_9244440.jpg
  ↑朝のランデブー・ベイ

c0110871_9245623.jpg
  ↑波も穏やかでとても気持ちのいいビーチです

本当は島内にあるたくさんの美しいビーチを見て回りたかったのですが、
夕方にはセントマーチンを発たなければいけませんので、
アンギラでの滞在はそこそこに、フェリー乗り場に戻ります。

c0110871_925514.jpg
  ↑昨日は姿が見えなかった地元の方々が歓談されてます

c0110871_925179.jpg
  ↑アンギラのビーチも見納め、、

c0110871_9252811.jpg

お昼前、マリゴに戻ってきました。
マリゴの街はこじんまりとしていますが、フランスの香り漂うおしゃれな雰囲気です。

c0110871_9254125.jpg

マリゴから少し行くと美食で有名な小さな町があるそうですが、
なにせ時間がありませんので、小さなカフェで簡単に昼食を済ませ、
せっかくなので、サン・ルイ砦くらいは登ってみることに。

c0110871_9255536.jpg
  ↑砦のてっぺんにはためくフランス国旗が見えます

頂上からは、マリゴの街と港が一望できます。

c0110871_9262659.jpg

手前の鮮やかな色の海が外洋で、奥に見える濃い色の海は、
じつは細い陸地に囲まれた内海です。

さて、丘を下り、またタクシーでマホビーチへと戻ります。

今回は、ソネスタ・マホのフロントで荷物を預かってもらい、
身軽になってビーチでスタンバイです。
お昼過ぎの時間帯なので、いくつか大型機の到着が見られそうです。

何機かの小型の飛行機をやり過ごした後、ついに大型機がやってきました。
アメリカ東部・シャーロットから飛んできたUSエアウェイズの飛行機です。

ビーチの上を通過するその瞬間、タイミングをはかってシャッターを切りましたが、、、、、

c0110871_927334.jpg

先頭部分が切れました・・・。
近づきすぎたようです。。。

続いて、アトランタからやってきたデルタ航空機。

c0110871_9271238.jpg

こちらはそれほど大きくはないですね。

そして、そろそろ空港へ戻らねば、という頃、
この旅いちばんのビッグな飛行機が姿を現しました!

c0110871_9273279.jpg

はるばるパリから到着のエールフランス航空機です。
ちょっと追っかけ気味ですが、機体をまるまる収めることができました。

時計を見ると、すでに搭乗する便の出発1時間前になろうかというところ・・・!
急いで、荷物を取りに行き、タクシーを空港まで飛ばしてもらいます。
なんとかチェックインに間に合い、カウンターの方から「ゲートまで走れ!」と
言われながら、ばたばたと帰路につきました。。

c0110871_9274898.jpg

離陸時にはビーチの前を通りますので、右側の窓際席に陣取れば、
窓の外に、ビーチから手を振る人々の姿を見ることができます。

たった1泊、ちょうど24時間くらいの滞在でしたが、
セントマーチンを満喫することができました。

c0110871_928553.jpg

4日半あれば行けるカリブ、次のご旅行にいかがですか?
(時間のある方はぜひ1~2週間くらい行ってください!)

c0110871_9265436.jpg

[PR]

by W_A_S | 2010-08-12 16:23 | 海外旅行  

カリブ海・セントマーチン島旅行記(1)

まだまだ暑い日が続きますね~。
一頃と比べると日中の湿度は若干下がってきたようには
思いますが、やっぱり強烈な暑さですね。

さて今回はそんな暑さを吹き飛ばす、カリブの海の美しさを
ご堪能ください!!

----------------------------------------------------------------

ちょっと前の話になってしまいますが、今年の1月に行った
カリブ海のセントマーチン島への旅行についてご紹介させていただきます。

夏の海外旅行といえばやはりヨーロッパが人気ですが、
今年の夏は、アメリカ方面の人気も回復傾向にあるようですね。

アメリカへのご旅行を計画されている方!
ニューヨークやロサンゼルス、ラスベガスやオーランドもいいですが、
日本から遠いイメージのあるカリブもアメリカからならスグですよ!

私が行ったセントマーチン島は、マイアミから3時間半、
ニューヨークからでも4時間ちょっとで行くことができ、
頑張れば、週末+2日半休むだけで、カリブ海への旅行を楽しめます♪
※実際、今回の旅行は水曜の午後から日曜まで(=4日半)の弾丸旅行でした。

* 1日目 *
出発は水曜日、朝はいつもどおり会社へ出勤です。
お昼過ぎまで働いた後、おもむろにボストンバッグ1つを手に取り、成田へ出発!

今回利用したのは、コンチネンタル航空です。

c0110871_2372258.jpg

3ヶ月前(※旅行当時:2010年1月末から3ヶ月前です)に加盟したばかりの
スターアライアンスの塗装が施された飛行機で、一路ニューヨークへ。

c0110871_248139.jpg

機内で12時間ほど爆睡して目覚めると、窓の外にはマンハッタンのビル群らしき光景が。
時刻は現地時間でまだ水曜の午後4時前。
日付変更線を越えているので、1日トクした気分です♪

さっそく市内へ!と行きたいところでしたが、
1人でセントマーチンへ行く(しかも現地1泊のみ!)というあやしい東洋人を
そうやすやすと入国させるはずもなく、別室での検査にずいぶん時間を取られました。
(ちなみに、帰りのセントマーチン⇒マイアミでの入国時も別室送りでした。。。)

欧米の方は、カリブの島へ行くならゆったり1週間くらいは滞在されるようですね。
また、当然ですが、カップルやファミリーでの旅行がほとんどです。
私は荷物もバッグ1つでしたので、運び屋にでも思われたのでしょうか・・・?(汗)

ようやく嫌疑が解かれ、晴れてマンハッタンへ。

コンチネンタル航空のハブ空港である、ニューアーク・リバティ空港は、
ニューヨークにある3つの主要空港のうちの1つですが、空港が位置するのは、
ニューヨーク州のお隣・ニュージャージー州。

州をまたぐため、マンハッタンへのタクシー料金は他の2空港より割高ですが、
ニューアークの場合、ニュージャージー・トランジットという鉄道があるので便利♪
マンハッタンのペン・ステーション(ペンシルバニア駅)まで直通で15ドルです。

c0110871_373350.jpg
  ↑ペン・ステーションに到着。

c0110871_311268.jpg

市内へ出た頃にはすっかり空も暗くなってしまいましたが、
目星をつけていたショップを3~4軒まわってお土産を選んでから、
翌日のセントマーチンへのフライトが出るジョン・F・ケネディ空港近くの
エアポートホテルへ。

ちなみに、5番街の高級デパート、バーグドルフ・グッドマンの最上階には、
Mari's New York のブラウニーや、MarieBelle Chocolate のチョコやキャラメルなど、
ニューヨークの素敵なお土産が見つかる一角がありますよ♪

* 2日目 *
早朝5時前にホテルを出発し、ジョン・F・ケネディ国際空港 ターミナル8へ。

c0110871_3363911.jpg
  ↑ターミナル8はおもにアメリカン航空が発着しています。

c0110871_339162.jpg

カリブ海には、たくさんの美しい島がありますが、
セントマーチン島は、とあるビーチで有名なところです。

そのビーチとは、島の南側にあるマホ・ビーチ。
セントマーチンの空港、プリンセス・ジュリアナ国際空港の滑走路に隣接しているため、
海から滑走路に進入してくる航空機がビーチのすぐ真上を通過する光景が見られます。

また、逆に離陸時には、ビーチを背にして飛び立つため、
航空機のジェット噴射がビーチを直撃・・・!

テレビ番組でビーチにいる人が爆風に吹き飛ばされている場面を
ご覧になったことのある方も多いと思いますが、あれがじつはセントマーチン島なんです。

さて、飛行機は順調に飛行を続け、眼下には時おり真っ青な海に浮かぶ
美しい島々が見えてきます。

c0110871_443864.jpg

そうこうしているうちに飛行機は高度を下げ、いよいよ着陸態勢に。

マホ・ビーチの頭上ぎりぎりへの着陸を見るべく、
シートは窓側をアサインしていましたが、なんと、飛行機は普通に陸側から着陸。。。
「うそぉ~!?」と思いましたが、そこはセントマーチンではなく、なんとプエルトリコでした。。。

「???」と混乱していると、なにやら通信機器か何かのトラブルで
プエルトリコのサンファン空港に緊急着陸したとの情報が。

結局1時間くらいサンファン空港にとどまった後、いよいよセントマーチンへ。

c0110871_4125398.jpg

楽しみにしていた着陸は、そんなにビーチの間近というほどではありませんでした(↑)が、
ともあれ、予定より2時間ほど遅れて、無事にセントマーチンへ到着です。

c0110871_4193589.jpg

さっそくマホ・ビーチへ向かいます。

c0110871_4243014.jpg

セントマーチン島には、美しいビーチがたくさんありますが、
マホ・ビーチもバスクリンのような鮮やかな色の海とホワイトサンドで十分キレイです♪

c0110871_4324485.jpg

ビーチ脇にあるバーには、フライトスケジュールが書かれたサーフボードが
立てかけられ、飛行機が飛来するおおよその時間がわかるようになっています。

c0110871_4354355.jpg
  ↑ジェット噴射に注意を促すこんな看板も。。。(※右下に death の文字・・・)

と、そのとき、ビーチの正面から轟音をとどろかせて光る物体が・・・。

c0110871_4394852.jpg

ビーチへ向かってきたのは、カナダの航空会社、ウェスト・ジェットの航空機でした。
ビーチで寝そべっていた人たちも飛行機が飛んでくるたびに
ポーズをとって、写真を撮ったりしていて、楽しい雰囲気です♪

また、離陸時はこんな感じです。

c0110871_4451582.jpg

c0110871_4462221.jpg

飛行機が完全に後ろ向きになり、いまにもジェット噴射が出そう、というとき、
生暖かい、強烈な風がエンジンから噴き出し、吹き飛ばされそうになりました。。
猛烈な風と、体に叩きつけられる砂粒にしばらく耐えましたが、風がおさまると・・・

c0110871_4502019.jpg

中身がパンパンに詰まったバッグが飛ばされ、カメラも負傷してしまいました。(悲)

もう少し大きな飛行機も見てみたいところでしたが、
その日の宿泊は、セントマーチンからさらにフェリーに乗った先の
アンギラという島になるため、翌日のチャンスに賭けて、
ビーチを後にし、港を目指しました。

c0110871_4544787.jpg

セントマーチンの港、アンギラ、そして、迫力ある大型機の着陸の様子については、
次回、ご紹介いたします!
[PR]

by W_A_S | 2010-08-05 18:37 | 海外旅行